相模原殺傷事件から1年~何が変わったのか・・・~

法人本部 2017/07/28

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所者19人が刺殺、27人が負傷するという事件が起きてから1年が過経ちました。ご遺族、施設関係者の方々、そして何より被害に遭われた当事者の皆さんの事を思うと、どんな一年を過ごされたのか心が痛みます。そして、亡くなられた19人のご冥福を改めて祈らずにはいられません。

さて、死傷者合わせれば46人という戦後最悪の犠牲者を出したこの事件、発生当初は「とんでもない事が起こってしまった…」と、えも言われぬ恐怖感に襲われた事を思い出します。犯人が発したという「障害者はいなくなればいい」という言葉は、「精神障害者の幸せ実現」を目指し、活動を続けてきた私達を、大いに傷つけるものでした。自分たちが確信を持ちながら歩み続けてきた道の足元は、この様にも脆く危ういものであったのだと痛感させられもしました。

それから一年、この事件をきっかけに何か変わったのだろうか?と考えてみます。国ではこの事件を踏まえ、精神保健福祉法改正の議論がされました。しかし議論の中身は、犯人が事件前に措置入院をしていた事から、「措置入院制度の強化とその後のフォロー体制作り」に終始されました。しかし、今回の事件は、精神科医療の不備だけで起きたのかと言えば、そうではありません。この流れで措置入院が強化されていく事は、これまで積み上げてきた「病院から地域へ」の流れや、自発的入院の推進から大きく後退をします。また、フォロー体制作りについても、ご本人が望むものでなければ、ただの地域管理になってしまうでしょう。事件の再発防止を押し付けるかの様に行われたこの改正には、様々な危険が潜んでいると思います。

先日テレビを見ていたら、「何も変わらない一年だった。」というご遺族の言葉が紹介されました。確かに、具体的な手立てがないまま、弱者をバッシングする世の中の風潮は、さらに増していくように感じます。また、年明けになったこの事件の裁判では、被害者の名前は一切明かされない事が決まり、盛んに議論された匿名性の問題についても結局そのままになっています。その他、「開かれた施設とセキュリティーの問題」「過酷な福祉現場とそこから出てくる職員の本音」など、この事件は私達の目の前に様々な矛盾を突き付けました。

ある映画監督がこんな事を言っていました。「どんな事件にも、特異性と普遍性がある。」と… 最初はその特異性に目がいったこの事件ですが、時間が経つとそれは犯人の中にある特異なものではなく、私達の中にもある普遍的なものなのだという事に気が付きます。そしてそれは、なかなか解決し難い課題を、たくさん抱えたものでもあります。でも、議論し続ける事、考え続ける事が大切なのだと思っています。棕櫚亭でもこの問題を考え、分らないなりも自分たちの思いを発信し続けたいと思います。

棕櫚亭が開所してから30年が経ちました。精神障害者の方々を取り巻く状況は、病院に収容されるだけの時代から、地域で当たり前に暮らす時代を経て、社会に出て働くことが出来る時代へと変化しました。ですから、ここまで来た歩みを止めることなく、やはり「開かれた組織」であり続けたいと思います。そして、一人でも多く方の「幸せ実現」のお手伝いが出来ればと思っています。

多摩棕櫚亭協会 理事長 小林由美子

 

 

 

 

 

立川防災館&IKEAに行ってきました!

棕櫚亭Ⅰ 2017/07/14

 

7月12日の水曜日、真夏日の中、総勢19人で立川防災館とIKEAに行ってきました!
毎年防災訓練の一環として、立川防災館では様々な体験をさせていただいています。

まずは消火器の使い方の練習です。

HP用③

姿勢を低く!とのご指導を受け、一人1回ずつ体験をさせていただきました。

そのあとは起震車体験です。

HP用①

写真ではあまり伝わりにくいですが…。これは阪神淡路大震災をモデルにした地震を体験しています。
そのほかにも、東日本大震災をモデルにしたものも体験することができました。

最後は煙体験です。
写真はないのですが、5人一組になり煙が充満した部屋の中を進みます。

普段出来ないことを体験できたので、とてもいい経験になったのではないでしょうか。

そのあとは待ちに待ったIKEAでのランチです♪

HP用②

トレーいっぱいに食器を並べ、おいしくいただきました(^○^)

そのあとは立川駅まで歩いて向かい、この日の1日レクは終了です。
防災についての勉強もでき、おいしいご飯も食べ、大満足な1日となりました!

 

「ピアス通信13号」を発行しました

ピアス 2017/07/04

SSKPはれのちくもり 別冊 ピアス通信13号を発行しました。

ピアス通信13号

内容は・・・

  • 天野聖子前理事長インタビュー(前編)
  • 棕櫚亭30周年記念パーティー開催のご報告
  • 就労プログラム 企業見学の報告

などとなっております。ぜひご覧ください!

 

また今回より、通信をピアス卒業生の方にも郵送でお届けしています。郵送を希望されない方・今回届いていないが希望される方がいらっしゃいましたら、お手数ですがピアスまでご連絡ください。

次号では天野前理事長インタビューの後編や、ピアス卒業生へのアンケートを予定しています。お楽しみに・・・!

(ピアス 尾崎)

⇒関連記事

棕櫚亭30周年記念パーティー~今までありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。~

根岸病院デイケアで出前講座を行いました!

就労プログラムで「OBの話を聞く会」を行いました。

「ピアス通信14号」を発行しました

ピアス 2017/07/04

SSKPはれのちくもり ピアス通信14号を発行しました。

ピアス通信14号

内容は・・・

  • 天野聖子前理事長インタビュー(前編)
  • 棕櫚亭30周年記念パーティー開催のご報告
  • 就労プログラム 企業見学の報告

などとなっております。ぜひご覧ください!

 

内容は・・・

  • 就労プログラム 「OBの話を聞く会」
  • 天野聖子前理事長インタビュー(後編)
  • ピアス卒業生へのアンケートのまとめ

などとなっております。ぜひご覧ください!

【ご報告】H29年度第1回多摩就労研究会

オープナー 2017/06/30

6月15日にH29年度最初の多摩就労研究会(以下就労研)が行われました。
就労研とは多摩地域のセンターが中心となり、就労支援機関、ハローワーク、医療機関の参加者が精神障害者の就労支援について主体的に考えていく定例研修会のことです。

前年度まではオープナーがテーマを決めてきましたが、今年度はタラント、けるん、オープナーの3センターが持ちまわりとなり、精神障害者の定着支援の問題をどうにかできないかと、現在各センターで行っている取り組みを出し合うことにしました。

今回はタラント企画です。今、定着支援のツールとして広がりつつあるWebシステム「SPIS」を紹介していただきました。精神障害・発達障害に特化した就労移行支援事業を展開するJSNが訓練記録用に使用していたシステムを基に、有限会社奥進システムが企業の方にも使いやすいよう改良を加え、平成23年に開発された就労定着支援システムです。タラントでは現在7人の方に導入しているとのことです。SPISについて、より詳しい説明を行うため、心理臨床ネットワークアモルフの宇田亮一氏をゲストとしてお迎えいたしました。宇田氏からはSPISが当事者立案で出来たものであること、体調管理のための評価項目を個別で設定できるなどのシステムの仕組みをお話いただきました。また、その後の意見交換ではノウハウを教えていただいたり、企業の方への打診の時期や仕方など話し合うことができました。

棕櫚亭でも昨年度から現在まで4人の内、2人の方に導入しております。SPISの特徴としては当事者、企業担当者、支援者がWeb上で対話し、情報共有できるため、企業の方と本人との関係性やどんな風に仕事をしているのかが以前より見えるようになりました。また、定期的に関係者が集まる機会(リアルSPIS)ができたことで、本人の雇用管理がしやすくなったように感じます。

以前、拡大就労研で松為先生に地域ネットワーク作りでは『目的・情報・思い・ノウハウ』の4つの共有が大切だと教えていただきました。今回はまさに『ノウハウの共有』だったと思います。今後、平成30年に向けて障害者の雇用率が上がり、精神障害者の雇用義務化になることで、ますます精神障害者の定着支援が必要になってきます。嬉しいことではありますが、支援数の増加に伴い、限られたマンパワーで対応していく課題はどの事業所も頭を悩ませている問題だと思います。その中で地域のネットワークは欠かすことができません。今回の就労研は、ネットワーク作りを構築していく新たな第一歩になったと思います。

                        オープナー 本田 美咲

絵画展が無事終了しました

棕櫚亭Ⅰ 2017/06/26


HP用
   HP

6月12日~23日まで、ピアスⅡの1階をお借りして行っていた絵画展が、無事終了しました。

絵画展で展示していた作品は月2回の絵画教室で作成したもので、たくさんの作品の中から講師の小堀令子先生と厳選した自信作になります!

HP用⑨     HP用④

HP用③     HP用⑦

ピアスやなびぃのメンバーさん、スタッフさんを始め、近隣の施設の方や一般の方まで、幅広く多くの方に足を運んでいただきました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
「今回行けなかった…」という方は、多摩総合精神保健福祉センターの廊下にも棕櫚亭Ⅰの絵画展で作成した作品が飾ってあるので是非足を運んでみてください!

またみなさんに見ていただける日のために、素敵な作品を描いていきたいと思います!

カテゴリから関連する記事をさがす
棕櫚亭Ⅰ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

7月の月間予定をお知らせします

棕櫚亭Ⅰ 2017/06/26
高幡不動へ行ってきました!

例年よりも雨の量が少ないような気はしますが、梅雨の時期ということでウォーキングのプログラムで紫陽花を見に高幡不動へ行ってきました!

HP用②     HP用①

棕櫚亭Ⅰにも綺麗な紫陽花が咲いているのですが、山紫陽花という小さいタイプのものから白・ピンク・水色・紫とカラフルなものまで、普段なかなか見ることのできないような紫陽花を満喫することができました。

HP用④       HP用③

 

7月12日には1日レクで立川防災館とIKEAに行きます!
暑い日が続きますが、体調に気を付けながら夏に向けて体力をつけていきたいですね☆

7月の予定表はこちらです→7月間予定表

カテゴリから関連する記事をさがす
棕櫚亭Ⅰ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

根岸病院デイケアで出前講座を行いました!

ピアス 2017/06/21

5月22日に根岸病院のデイケアでオープナーと一緒に出前講座を行ってきました。

この日は、根岸病院のデイケアで行われている就労プログラムの日でした。プログラム中の地域資源を知ろうというシリーズの一環で、今回は就労移行支援事業所の話を聞いてみようという会でした。「棕櫚亭さんが来る!」という企画に合わせて、お話しさせていただきました。

当日、デイケアには、全部で40名くらいの方が参加されていて、あたたかく私たち二人を迎え入れてくださいました。その中から希望者だけが就労プログラムに参加されます。10名くらいの参加がありました。

私は今回の講座でお話をするにあたり、現在デイケアに通っている方々に、ご自分が働きたいと思ったとき、働くためにはどうすればよいか、また、働き始めた時のイメージを持っていただければという思いで向かいました。

お話する中で、まず、雇用する側はどんな人に働いてほしいと思うか?ということを一緒に考えていただきました。参加されている方からは、「安定して通えること」「人間関係をうまくやっていくこと」などが出されました。会社から求められる働く力を一緒に確認しながら、ピアスはそれを準備していく場所であることや、どのようにして、その力がつけられるよう支援していくかというお話をさせていただきました。

今回私はこの出前講座が初の試みだったのですが、いまデイケアに通っている方に興味をもっていただくためには、どんな内容にすればよいか、どういう風に組み立てるとよいか‥先輩たちの知恵も借りながら準備をしました。参加される方たちに考えていただく時間をつくったり、目で見て理解しやすい資料をそろえたつもりです。参加された方からは、わかりやすかったとの声を多くいただき、ほっとしました。「お弁当の配達ってどこへ?」、「食品関連の作業に苦手感があるけど大丈夫?」、「棕櫚亭ってどんな意味があるのか?」など具体的な内容の質問もあり、興味を持っていただけたようでした。中には、就労移行支援事業というサービスの存在自体を初めて知ったという方もいらっしゃいました。これを機会に興味を持ち、働いてみようか?と思えるきっかけになれば幸いです。

これからも、チャンスがあるときは、どんどん発信していけたらいいなと思っています。

ピアス 増田静枝

DSC_0310 (2)

 

カテゴリから関連する記事をさがす
ピアスオープナー
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

トピックス