小堀先生の個展でライヴ!

そのほか 2017/09/25

棕櫚亭第Ⅰで絵画教室の講師をしてくださっている小堀令子先生の個展「Black Hole & Earth Attack」が、9月5日(火)から9月15日(金)まで六本木のストライプハウスギャラリーで開かれました。その個展開催中に開かれるパーティで何か演奏をという話を小堀先生からいただきました。
棕櫚亭にはオープナーで結成された「グラッシーズ」というバンドがあり、そこに棕櫚亭第Ⅰから中野、本部事務局から北村がお邪魔する形で実現しました。

曲目は普段グラッシーズがやっているオリジナル曲を中心にスタンダードを織り交ぜ6曲。エネルギッシュな小堀先生の作品に囲まれ、絵画を観ながらの演奏は格別の時間でした。練習のときよりも本番が一番いい演奏だったのではないかと思います。
会場の反応は正直でその緊張感はライヴならではのものでした。音楽と絵画を結ぶ人と場所が反応し、共鳴、反発する瞬間がもっと生まれたのならよかったのですが、そこはまだまだ自分の力KIMG0147不足を痛感しました。また会場やバンドメンバーに反応しながらその場で表現していくライヴ演奏と、完成作品としてそこに展示されているものを表現とする絵画との違いはとても興味深かったです。小堀先生に「もう1本線を引くという選択肢もある中、何をもってこれで完成!ってなるのか?」などと野暮な質問をしてしまいましたが、中途半端なものばかり作っている自分としては完成って存在するのか?と考える日となりました。小堀先生は「作っているときは必死だから、一度放っておいてしばらくしてから縦のものを横にしてみたりしながらもう一度よく見てみるとまた気づくことがある。でも時間切れ~なんてときもあるのよ(笑)」なんて優しく言っていましたが…特効薬を求めて形だけを作ると速さと量の副作用に苦しみますよと言われているようでした。

声をかけてくれた小堀先生はもちろん、搬入から搬出まで気持ちよく対応してくれたギャラリーの方や、駆けつけてくれた棕櫚亭のみなさんをはじめとする温かいお客様に心より感謝申し上げます。普段3人(歌、ピアノ、ギター)で活動しているグラッシーズですが、今回スケジュールの都合でピアノの百田さんが不参加だったことが唯一残念でした。いつか百田さんとも一緒に演奏出来たらと思います。

北村宥志

『今の自分たちにはどんな音楽ができるのか』なんて考えながらかっこよく出来ればよかったのですが、そんな余裕はどこへやら、とにかく手持ちの材料をこねくり回しながら、楽曲を作り上げていきました。個人的にはうまくいかなかったところもありますが(メンバーで選曲について話しあったり、リハーサルをしたり、機材を運搬したり、そういう過程も含め)楽しく取り組むことができ、良い経験を積むこともできました。 今まで様々な場所で音楽を演奏してきましたが、絵画を背景に演奏するというのは初めての事で、当初から一体どうなるのか不安はありました。それゆえ、たとえどんな不格好な音楽になろうとも、ほんの一瞬でもあの空間にふさわしいものになればと念じながら演奏をしました。そんな祈りが通じたかはわかりませんが、演奏が終わり聴いていただいたお客さんの笑顔を見ることができたとき、それは私たちバンドにとって最高に幸せな瞬間となりました。 改めまして、私たちには勿体ないくらいの素晴らしい機会を与えてくださった小堀先生に感謝いたします。

ブルーナイン中野

KIMG0142個展で歌ってほしいという出演依頼。嬉しくもあり、ちゃんと歌えるのか不安もありました。個展の雰囲気を想定してゆったりした演奏に変化。短時間の集中練習をし、当日は今できる精一杯を届けることができたと思います。聴いてくださった方から「良い歌だった」と好評の言葉をいただき、やって良かったと思いました。これからの活動においても良い経験ができたと思います。

吉岡誠

KIMG0108

 

 

六本木の個展ライヴをした会場は明るい日差しの中で楽しく歌えました。また外に出てライヴをやってゆきたいと思いました。先生の個展の縁で楽しい出会いもありよい1日を過ごしました。

内藤篤子

グラッシーズ
内藤篤子(vo)
百田勇介(key)
吉岡誠(gt)

中野裕介(ba,vo,cho)
北村宥志(gt)

【お知らせ】「世界で一つの絵を描こう!」~絵画ワークショップについて

棕櫚亭Ⅰ 2017/01/27

昨年に引き続き、「絵画ワークショップ」を開催します。

日 時:平成29年2月26日(日)午後1時~午後3時
場 所:社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 ピアスⅡ 1階
JR南武線 谷保駅より徒歩1分
対 象:国立市在住、在勤の15歳以上の方
費 用:無料
申込方法:氏名・参加人数・連絡先電話番号を明記して電話またはメールでお申込み下さい。
電話 042-576-6783(担当:工藤・浅野)
メール:daiichi@shuro.jp

ワークショップ写真② 2016.12.14絵画教室①

普段行っているプログラムのひとつであります「絵画教室」を国立市に住んでいる方々にむけて行うことで
少しでも地域に貢献していきたいとの思いから始めた絵画ワークショップです。

休日の午後にダンボール紙にアクリル絵の具を使って好きな絵を描いて楽しんでみませんか!
道具などはこちらで準備しますので手ぶらで参加することができます。
初めての方も経験者の方も楽しく参加できます。
講師は国内や海外の個展・グループ展で活躍されている小堀令子先生をお招きしています。

みなさんのご参加をお待ちしています。

 

トピックス