『はたらく当事者インタビュー』堀井さん(株式会社KSK)

法人本部 2021/09/16

今回は就労移行支援事業所ピアスの卒業生でオープナーを利用しながら障害者雇用で働き続けている堀井和宏さん上司の株式会社KSKの金谷さんにお話をお伺いしました。

P1010064

現在のお仕事を教えて頂けますか?

堀井さん:KSKに入社してからもうすぐ二年半になります。今は管理本部の経理担当という部署で働いています。勤務時間が基本的には週5日の8:30~17:30なんですが、(コロナ禍なので)今は時差出勤で、7:30~16:30で働いています。

業務内容は各事業部から届く諸経費の請求書の計上処理や、その支払いの処理とか、あとは売上データなどの社内システムへの取り込み作業などを行っています。その他には、『5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)活動』に関わる業務や、エンゲージメントという社内の交流促進のためのイベントの企画に取り組んでいます。

しごと風景

堀井さんの仕事風景、後ろにあるのが5S活動を管理する「VMボード」

 入社までの経緯を教えてください。

堀井さん:前職を退職して転職活動をしていたんですけど、それがちょっと思うようにいかず、体調を崩しかけたことがあって、生活のリズムを維持するために、ピアスの就労移行支援を利用しながら就職先を探していました。ピアスの利用は2度目だったんですが、利用を決めるのには大分葛藤がありました。体調を崩して辞めたわけではないのに、再度訓練をする場に逆戻りするみたいな感じが強くてその時は複雑でした。今考えたら体調を戻すためには必要というか、使ってよかったなと思っています。

 障害者雇用を選んだ理由を教えていただけますか?

堀井さん:通院や、支援機関との面談など、支援・サポートを受けるための休みがとりやすい。突発的な体調不良とかにも対応してもらえるというのが大きなポイントだと思います。

ただ、障害者雇用の給料とか待遇の面で不安があって、クローズで働きたいと思っていたので悩んだところでした。

職場ではどんなサポート・配慮を受けていますか?

堀井さん:突発的な体調不良にも理解してもらえる点なんですが、それは(障害への)配慮というか、そもそも誰かが休んでも誰かがフォローできるみたいな体制がしっかりしてるのもあって、安心して休めるみたいな。そういうところが配慮と言ったら配慮かなと思っています。

もともと障害者雇用とか関係なくお互いにサポートしあう体制ができている?

堀井さん:そうですね、マニュアルもしっかり整備されていたので、それを見ればだいたいできるみたいな。

ほかには会社に配慮していただいていることはありますか?

堀井さん:ないというと語弊があるんですけど、逆にあまり配慮されても、窮屈さを感じてしまうので、見守ってもらえていて、のびのび仕事ができています。

支援機関をどのように利用していますか?

堀井さん:そうですね、こういった職場への定期訪問もそうですし、支援者との面談が月1回あります。それ以外にもOBの集まりに参加したり、今はどっちもオンラインなんですけど、人と話すことが一つのストレス発散法なので、できる限り活用できたらなと思っています。

今働く上で努力していることや、工夫していることがもしあれば教えてください。

堀井さん:睡眠をすごく大事にしています。今、朝早く起きていることもあるので、そのために早めに寝るってことと、1日8時間は寝ないと体力が落ちるような気がするので、ちょっと昨日寝れなかったなと思った時には、仮眠を昼休憩の時にとったりしています。

数字を使う神経を使う仕事も多いので、張り過ぎないように気分転換に5Sに関する手作業などを行って気を紛らわすというか気分転換していますね。

もしよければ、堀井さんの夢を教えてください。

堀井さん:夢ですか。無いですっていうか。無いことはないですけど。うーん。このまま元気で過ごしていく事です。なんか、年寄り臭い(笑)

っていうか、変な言い方ですけど。結婚もしたし、家もあるし、ほかに何を望めばいいのかっていうのが、正直。何を目標にしようかなって、むしろ思ってます。

これから働きたい!と思ってらっしゃる方にメッセージがあれば、お願いします。

堀井さん:さっき、5Sって話しをしましたけど、3Sが大事かなと思ってます。

『睡眠と相談と積極性』

睡眠を十分とることで、体力をつけたり、生活リズム、安定させる。

相談することで、相談相手が自分の状況を理解してもらえたり、いざと言う時に、サポートをもらえるっていうところが大きいと思います。

で、最後の積極性なんですけど、そういう姿勢を見せていれば、仕事を任せてもらいやすくなったり、それが循環して、仕事へのモチベーションになったりするのかなって思ってます。

気軽に相談していただくことが、お互いの良好な関係を長く続けていける秘訣なんだろうなと思います。

株式会社KSK 金谷さん 

堀井さんの印象を教えていただけますか?

金谷さん:堀井さんはさっきの3Sじゃないですけど、非常に物事に前向きに積極的に、取り組んでくれているなという印象です。

KSKの場合、エンゲージメントという社内の親睦、コミュニケーションを高めることにすごく力を入れていますが、そのチーム活動に積極果敢に取り組んでもらっていて、今では『チームKSK』の中心メンバーです。

打合せ風景

経理チームの打ち合わせ風景、積極的に発言しています(左奥から2番目が堀井さん)

どのようなサポートをしていますか?継続しているポイントは?

金谷さん:サポートというほどではないのかもしれないですが、月に一回、ドアノックコミュニケーション、DKCという1on1ミーティングを、堀井さんに限らずメンバー全員とやっています。最近の日常生活についても含めて話をしています。気になること、困ったことがあったら、気軽に声をかけてね、と話しています。実際に堀井さんの方から、早い段階でシグナルを送ってくれるので、それが長続きしている一つの要因なのかなと思っています。

(面接に限らず)業務時間中とかに「ちょっといいですか?」と呼んでくれて、「今日体調悪いので、早退してもいいですか?」。そこまで至らなくても、「あのう最近ちょっとこうなんです。」と打ち明けてくれるんですね。そういった話をしてくれるので、こちらもすぐにそれに対して対応することができています。

自分のことを相談・発信しやすい雰囲気が職場の中にあるのですね

金谷さん:そうですね。そういう環境はできてるという感じはしますね。KSKは2014年に「健康経営宣言」を発表して以降、社長が健康経営のトップとなり、社を挙げて「心・技・体」三位一体の人づくりを推進しています。このような社風から生まれる風通しの良い雰囲気が、働きやすい職場環境に繋がっているのではないかと思います。

 

堀井さんがお互いにカバーし合う文化があるとおっしゃられていましたが、以前からあるのですか?

金谷さん:そうですね。仕事の面でいえば「マルチタスク」と言っていますが、一つの業務について属人的にならない様に、同じセクションの中で複数の人間ができる様な体制に常にしています。そういった中で堀井さんはできる業務を増やしていっています。そういう状況が、さっき堀井さんが言ってた『休みやすい環境』につながっているのではないかなと思っています。

それは障害あるなし関係なく働きやすいですね。

支援機関との連携について教えて下さい。

金谷さん:(本人・会社・支援機関が顔を合わせる)こういった定期的な三者ミーティングをするのは、こちらとしても大変助かっています。

上司に直接話しにくいことを、抱え込んでしまってどんどん傷口が広がっていくよりは、間に入ってもらうことで、早い段階で解決策が見つけられるので、こういう支援機関がいていただけるというのは会社にとってもありがたいことだと思っています。

他の社員で支援を受けているという話は聞いても、こういった形で定期的に訪問してもらってやりとりするっていうのは今までなかったんですね。これもそれこそ長続きする要因の一つなのかなとは思います。

これから働きたいと思ってらっしゃる方に向けてメッセージをお願いします。

金谷さん:やっぱり会社の中で、コミュニケーションを積極的にとっていただく、それから何か気になることがあれば、気軽に相談していただくことが、お互いの良好な関係を長く続けていける秘訣なんだろうなと思います。

最初のうちってどうしても委縮して遠慮しがちになってしまいますけど、そこはあまり後のことは考えずに、気軽に今自分が抱えてる悩みだとかを早めに共有していた方がお互いに良好な関係がもてるんじゃないかなと思います。

堀井さんも入社して早々の頃、ちょっと頑張りすぎになっちゃったことがありましたけど、「ちょっと辛いです」みたいな感じのことを言ってくれれば、仕事を少し分散させたりとか対応はとれるんで、抱え込まずに発信していただくのがいいんじゃないかなと思いますね。

インタビューにご協力いただきましてありがとうございました。

[受付中]精神障害者就労定着連携促進事業 第1回セミナーのお知らせ

オープナー 2021/09/16

オープナーでは今年度より東京都福祉保健局による「精神障害者就労定着連携促進事業」を事業受託しています。

平成30年度~令和2年度までは、「精神障害者就労定着支援連絡会事業」として、年4回のセミナーやオンデマンド配信によるセミナーを開催して参りました。

今年度は、未だ続く新型コロナウィルス感染予防の観点からYouTubeを活用したオンデマンド配信とし、第1回連絡会(セミナー)を開催することとなりました。

今回は、『精神障害者の就労定着を考える~より良い人材に出会うための採用面接コミュニケーションツールの活用~』と題し、配信を行います。

「何を」「どこまで」「どのように聞くのか」、誰もが悩む採用面接について、ヒントになるメッセージが盛沢山の内容となっております。人事・採用担当の方、支援機関の方にツールを知って頂き、ご活用頂けましたら幸いです。

配信期間 令和3年10月11日(月) 10時 ~ 11月17日(水)17時
配信URL お申込み頂いた方のみの限定公開
資料 お申込み頂いた方にダウンロード先をお知らせ致します
対象 精神障害者の就労に関心のある企業、就労支援機関、当事者の方々

 

登壇者 1.精神障害者就労定着連携促進事業について
  東京都福祉保健局 障害者施策推進部 地域生活支援課(就労促進担当) 横田 明美氏
2.精神障害者雇用企業の取り組みについて
  SOMPOチャレンジド株式会社 総合企画部課長 大住 悠子 氏
3.採用面接コミュニケーションツールの考え方と使い方
  医療法人社団碧水会 長谷川病院 デイケア科 科長 佐々木 真一 氏
4.採用面接コミュニケーションツールの具体的項目について
  社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 障害者就業・生活支援センター オープナー 川田 俊也
5.採用面接コミュニケーションツールの活用について企業向け個別ワーク
  東京障害者職業センター多摩支所 主任障害者職業カウンセラー 小野寺 十二 氏

 

【お申込みはこちらまで】 令和3年度 第1回セミナー申込フォーム

(セキュリティ関連で申込が出来ない場合、オープナーまでご連絡下さい)

令和3年第1回連絡会チラシ(PDF)

お問い合わせ先:オープナー 吉本・川田(042-577-0079)

9月~新しい取り組みをスタートします!(9月の予定をお知らせします)

棕櫚亭Ⅰ 2021/09/03

暑い日が続いていますが、棕櫚亭Ⅰは暑さに負けず活動をしています(^^)/

先月お知らせさせて頂いた梅ジュースも楽しみつつ、ウォーキングや棕櫚亭Ⅰのお庭でも夏を感じています。

HP用

この写真はある日の棕櫚亭Ⅰの玄関です(#^^#)

緑と朝顔は棕櫚亭Ⅰのお庭で見つけたもので、後ろに置いてある蝉の抜け殻はウォーキングで訪れたカバ公園で見つけたものです。

夏らしい大きなイベントは難しいですが、小さな夏を感じることができて良かったです!(^^)!

 

そして…
棕櫚亭Ⅰでは9月から新しい取り組みを始めます!

今まで午後の活動はユニットや固定のプログラムを行っていました。
しかしメンバーさんから「もっと色々なプログラムをやってほしい」との声を頂き、9月は試験的に新しいプログラムを組み込んでみました。

それに伴い、今までは通所曜日を決めて通所して頂いてましたが、午後のプログラムに関してはご興味のある日にいつでも来所してください。
もちろん従来通り、ユニット活動をしていただいても構いません。
活動内容と日程については下の予定をご覧ください。

9月の予定はこちら→9月月間予定表

新しいプログラム
3日(金) インターネットまたはユニット
10日(金) ゲーム大会またはユニット
13日(月) 音楽鑑賞会またはユニット
16日(木) ウォーキング(中央図書館まで行こう!)
17日(金) ドラマ・映画鑑賞会またはユニット
24日(金) 筋トレ・ストレッチまたはユニット
27日(月) クラフトまたはユニット
29日(水) プラバン作り
30日(木) おやつ作り

わからないことや気になる点がありましたら、お気軽にご連絡ください。

職員一同、これからも笑顔の溢れる棕櫚亭Ⅰを守っていきたいと思っておりますので、みなさんのご意見もたくさんお伺いできたら嬉しいです(*^_^*)

今後ともよろしくお願いいたします

カテゴリから関連する記事をさがす
棕櫚亭Ⅰ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

なびぃ通信8-9月号をお届けします♪

なびぃ 2021/08/06

なびぃ通信8-9月号をお届けします♪

なびぃ通信2021-0809-01

なびぃ通信2021-0809-02

なびぃ通信2021-0809-03

なびぃ通信2021-0809-04

酷暑が続く毎日で、外に出るだけでもクラクラすることも…

マスクを付けての外出はより危険度も高くなります。

今回のなびぃ通信には「簡単!暑さ対策」載ってますので、ぜひ見てみてください!

熱中症や夏バテに気を付けてお過ごしください。

 

カテゴリから関連する記事をさがす
なびぃ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

8月のメニューです!

ピアス 2021/08/06

遅くなりました!8月のメニューです。

8月はお休みの期間がありますが、お近くにいらしたときはぜひご利用ください。

暑い日が続きますが、お体に気を付けてお過ごしくださいませ

メニュー表2021_8

カテゴリから関連する記事をさがす
ピアス
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

緊急事態宣言中の対応について(8月の予定)

棕櫚亭Ⅰ 2021/08/03

本格的な暑さの日が続いていますが、暑さに負けず活動しています(*^_^*)

以前梅シロップ作りのご報告をしましたが、無事完成し梅ジュースを楽しみました(^^♪

HP用③

 

 

 

 

この日はウォーキングで谷保天神に行ってきた帰りにみんなでジュースを頂きました。
谷保天神は緑が多いので風がとても心地よく、いい時間となりました。

HP用①

HP用②

梅ジュースのおかげで今年ならではの楽しみ方ができ、たのしい時間となりました。

さて、緊急事態宣言の延長が発表されました。
棕櫚亭Ⅰでは引き続き
・開所時間を9:00~16:00
・昼食はなし
・午前/午後入れ替え制
とさせていただきます。

引き続きご理解とご協力の程よろしくお願いします。

また、夏休みは8/5(木)~8/12(木)です。
8月の予定は以下をご確認ください。

8月の予定はこちら→8月月間予定表

カテゴリから関連する記事をさがす
棕櫚亭Ⅰ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

7月21日(水)開所時間変更のおしらせ

なびぃ 2021/07/14

なびぃ利用者のみなさま 関係者のみなさま

職員研修のため7月21日の開所時間が変更になります。

【変更】

7月21日(水)14:30閉所 (この日はフリースペースはありません)

※午前中のデイサービスは通常通り行います

 

急な変更となり、ご不便ご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。

カテゴリから関連する記事をさがす
なびぃ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

緊急事態宣言中のなびぃの開所時間等について

なびぃ 2021/07/10

6/22から緊急事態宣言が解除になったのもつかの間・・・7/12から、また緊急事態に突入ですね。

なびぃでは、以下のように引き続き感染防止の取り組みを行って参ります。

≪各種プログラムについて≫
〇開催時間・利用時間の短縮や、人数を縮小しながら継続して行います。

飲食を伴う場合は持ち帰りにご協力をお願いします。

〇お楽しみ会は、緊急事態宣言中は休止とさせていただきます。

≪フリースペース≫ 定員5名とさせていただきます。

14:00-17:00の間で、1時間を目安にご利用をお願いします。

≪相談等の個別支援について≫
〇訪問や面談から、電話での面談への変更や、延期などご希望がある場合にはお声かけください。

≪来所時の体温や健康チェックと手洗いのお願い≫                              〇いままでの体温チェックやアルコール消毒に加え、健康チェックや石けんでの手洗いをお願いしています。

ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力いただきますようお願い致します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

梅雨に入ってジメジメムシムシが続き、今日はお天気は良かったもの30度越えの陽気でした。

みなさま、熱中症に気を付けてお過ごしください。

 

カテゴリから関連する記事をさがす
なびぃ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

トピックス