SSKPはれのちくもり 別冊ピアス通信36号発行のお知らせ

ピアス 2019/05/30

連休が終わり、あっという間に梅雨の気配が漂ってきました……。

今回の企画会議では

「トレーニング内の人とのやりとりの中でどうしたらいいのかわからなくなったとき、みんながどう対処しているのか知りたい。」

「もうちょっと上手に作業を教えられるようになりたい。」

「昼休みにもっと会話を振れるようになりたい。」

といった声が出て「職場における対人関係」を特集することになりました。今回はピアス内、そして現在会社で働いているOBの方にアンケートをいただき、掲載しています。お忙しい中ご協力くださったみなさん、本当にありがとうございました。

1面では新しく入られた厨房スタッフ3名のご紹介となっています。普段は忙しく、ゆっくりと聞けない厨房スタッフの人となりを、ぜひ紙面でたしかめてみてください。

そして4面では棕櫚亭から出版する本のお知らせと、就労定着支援担当の吉本さんからのご挨拶と、盛りだくさんです。

記事は↓をクリックすると読めます、是非ご覧ください。

 ピアス通信36号

次回は夏真っ盛りの7月末(梅雨明けしているといいなという希望も込めて……)に発行予定です。よろしくお願いします☀

(ピアス 大貫)

新しくなった「ピアスⅡ」を紹介します!

ピアス 2019/05/08

去年の今頃、ピアスⅡはお引越しをしました。だいぶ時が経ってしまいましたが、今日は新・ピアスⅡを紹介したいと思います。

場所は線路沿いの建物からピアスのふたつ隣に移り、夏の暑い時期も冬の寒い時期も、行き来のしやすい立地となりました。暑さに弱いので、とてもありがたいです。

新・ピアスⅡはこんな感じです

piasu2_1

お引っ越しに伴い、看板を作りました。棕櫚亭のホームページのシンボルと似ていますが、実はピアスのパンフレットにあしらわれているを基調にしています。

ピアスⅡでは主に生活訓練のメンバーと、就労移行に入所して1ヶ月めのメンバーがトレーニングをしています。生活訓練では弁当宅配部門でお客様にお届けするお箸の袋を作ったりする「軽作業」を、就労移行ではいろいろな事務の模擬作業である「ワークサンプル」を行っています。生活リズムを整えながら通所を安定させたい、2時間集中して作業をできるようにしたい、自分から声をかけられるようになりたい……メンバーによって目標はさまざまです。

piasu2_2

お昼はおしゃべりをすることもあれば音楽を流すこともあり、思い思いの時間をゆったりと過ごしています。今のメンバーさんは音楽やマンガ好きの方が多いので、そういう話をすることが多いかもしれません。共通の趣味を語り合ったり、自分の知らないジャンルの話を聞けたりと、楽しい時間を過ごさせていただいています。

これからもみなさんの「働きたい」を応援しつつ、日々活動するなかで人と交わる楽しさや、信頼関係の作れる場所としてピアスⅡをつくっていけるといいなぁと思っています。

気になった方はぜひ、ピアスⅡへ遊びに来てください。

(ピアス 大貫)

SSKPはれのちくもり 別冊ピアス通信35号を発行しました。

ピアス 2019/04/25

すっかり世間は10連休ムード。改元を控え、いよいよ平成の終わりを感じさせます。

さて、今回のピアス通信の特集は「ストレス対処」です。年度が変わり、環境が変わって1ヶ月、企画会議ではメンバーの皆さんから

「徐々に疲れが見えてくる時期だと思ったので。」

「今すでにちょっとストレスがあって、うまく対処したいです。」

「ストレスにはいいものもあるらしいけれど、どんなものなのでしょうか?」

などなど……ストレスに関する意見がたくさん出て、特集することになりました。

メイン記事は就労プログラム(実践)を担当する長野さんへの「ストレス対処」にまつわるインタビュー、そしてコラムではピアス職員・メンバーの皆さんにアンケートした「疲れたときのおすすめ音楽紹介」と、盛りだくさんです。記事は下をクリックすると読めますので、是非ご覧ください。

ピアス通信35号

また、通信でご案内したように「おすすめ音楽紹介」の完全版を下で公開いたします!それぞれの文字をクリックすると一覧が見られますのでぜひ、見てみてください(*^-^*)お気に入りの曲が見つかれば幸いです。

♪気分を落ち着ける……癒しの音楽ver.

元気が出る!気分を上げる音楽ver.

次回は梅雨入りの頃に発行予定です。よろしくお願いします。

(ピアス 大貫)

SSKPはれのちくもり 別冊ピアス通信34号を発行しました

ピアス 2019/04/02

いよいよ新年度が始まりました。ピアスも新しい職員を迎えてのスタートです。

それに伴いピアス通信34号を発行いたしましたので、ご紹介します。今回は2月に職員有志で行った福島被災地研修を主に特集しました。

「福祉の施設なのになぜ被災地に?」

「自分たちの支援にどう活かしていくのだろう?」

「またとない機会だと思うので、ぜひ特集してみたい。」

メンバーから上のような声が集まり、満場一致で特集することになりました。早速研修に行った職員向けにアンケートを作成し、しっかりと書いてもらいます。熱い思いのこもった意見が多く(中には枠をはみ出して書かれている方も!)集計がたいへんでしたが、なんとか形になりました。

その一方で、季節はすっかり春。お花見のシーズンということで、春にぴったりなスイーツ特集を組んでみました。ピアスメンバー・スタッフおすすめのお店やスイーツについてアンケートを行い、まとめてみました。

さらに毎回恒例となっているOB会報告や退職された職員のあいさつ等々、今回も盛りだくさんです。ぜひ、ご覧ください!

ピアス通信34号

今年度もどうぞ、よろしくお願いいたします。

(ピアス 大貫)

SSKPはれのちくもり 別冊ピアス通信33号を発行しました

ピアス 2019/02/26

例年より早い花粉の襲来に戦々恐々としております。

ピアス通信33号が発行されましたので、ご紹介します。今回は職場における障害理解をテーマに、特集を組みました。オープナー・森園さんのインタビューや働く当事者の方々へのアンケートなど、盛りだくさんの内容になっているのでぜひご覧ください!

ピアス通信33号

ぜひ、ご覧ください!

引き続き来年度もよろしくお願いします。

卓球大会を開催しました!

ピアス 2019/02/22

1/25(金)にメンバーさんたっての希望でもあった卓球大会がついに開催されました。

takkyuphoto12名のメンバーさんとスタッフ3名、総勢15名が参加、場所は国立市民体育館。ほとんどの方が初めて行く場所でもあったので国立市にどういう地域資源があるかを知る良い機会でもあったと思います。(ちなみに利用料は1500円だったので一人当たり100円でした)

普段『運動不足なんです』なんていうメンバーさんも多くいましたが、いやはやどうして元卓球部員のメンバーさんはいかんなく実力を発揮。何十年ぶりにラケットを握ったなどと言いながらその球筋は私の目には全く見えませんでした。内心では疲れが残らないように、などという心配をよそに大いに盛り上がりを見せました。

実際に運動していた時間は1時間半くらいでしたが、それでもちょうど良い疲労感と充実感が得られたという感想も多く、開催した甲斐があったと思います。

ただ単に運動をして汗をかきリフレッシュをしたというだけでなく、皆さんピアスのトレーニングの時などとは違う学生時代に戻ったような表情をされていたと思います。

振り返ってみるとこの卓球大会はピアスのプログラムや年中行事ではなく去年の12月にメンバーさんの間から起きたムーブメントが形になったものでした。言い出したメンバーさんがそのまま運営委員を買って出てくれ、その勢いに見事にスタッフも巻き込まれいつの間にか大きな波になっていきました。この経験が普段のピアスでのプログラムやトレーニングの中でも、メンバーさん同士でコミュニケーションを取り合い、協力しあい、さらにはスタッフをも巻き込んでいくといくような形で生かされれば良いな、と思いました。

最後に、なかなかスケージュールも合わない中施設の下調べをしたり、ピアスでのトレーニングが終わった後に市民体育館まで予約しに行ったり、当日早く出発してあらかじめ卓球台を準備したりと奔走してくれた運営委員のメンバーさん、お疲れ様でした!

(ピアス中野裕介)

カテゴリから関連する記事をさがす
ピアス
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

SSKPはれのちくもり 別冊ピアス通信32号を発行しました

ピアス 2019/02/06

世間ではインフルエンザが流行していますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さてさて、SSKPはれのちくもり ピアス通信32号を発行しました。今回はピアスメンバーの多くが通る「企業体験実習」について取材をしました。これを編集しているメンバーさんが「自分も実習に行ってみたくなった」とお話されていたのが印象的でした。

ピアス通信32号

↓内容は↓

  • 1p 企業体験実習について
  • 2p 職場実習体験面談会 担当者インタビュー①
  • 3p 職場実習体験面談会 担当者インタビュー②
  • 4p 定着支援事業報告(鍋パーティー)・ピアスライブラリー紹介

「ピアスライブラリー」(図書貸出コーナー)は以前ホームページでも取り上げておりますので、よろしければそちらも併せてご覧ください。

SSKP はれのちくもり 別冊ピアス通信31号発行しました

ピアス 2019/01/28

報告が遅くなってしまいました。早くも1ヶ月経過しそうな今日このごろですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

SSKP はれのちくもり ピアス通信31号を発行しました。

ピアス通信31号

今号は棕櫚亭本部にスポットを当てて、取材をしてきました!

  • 1p 棕櫚亭本部の概要
  • 2p 事務局長インタビュー“地域貢献事業について”
  • 3p 「くにたち秋の市民まつり」参加報告
  • 4p 定着支援事業(クリスマス会)報告

「本部っていったい何をしているんだろう」という、日ごろなかなか聞けない疑問にお答えした内容となっています。ぜひご覧ください。

ピアス 忘年会の報告

ピアス 2019/01/18

年が明けて、あっという間に1月も半ばを過ぎましたが、ピアス忘年会の報告です(笑)

今回も大いに盛り上がりました。当日までに実行委員で何度かの話し合いをし、やることを決めていきました。今回は実行委員の立候補者も多く、やりたいこともたくさんでましたが、しぼりに絞って決まった内容は、ケーキ作り、小さいころの写真あてクイズ、バンド演奏でみんなで歌う、プレゼント交換、作品展示でした。

当日は、まずはグループに分かれてケーキ作り。今回女性の参加が少なく、男性のみのグループもありました。そのグループは、怖々作っていましたが、作品名「男のケーキ」は見事人気投票1位を獲得していました!ケーキは個性派ぞろい。自分たちで作ったケーキはまた格別美味しかったです!

IMG_5697IMG_5705IMG_5698IMG_5701IMG_5722IMG_5702

クイズ「タイムトラベル」は、幼い頃の写真を持って来ていただいて(スタッフも)その写真が誰だかを当てるクイズ。これがなかなか難問で、昔の可愛かったり、ヤンチャだったり、写真から年代を推測したり‥グループ対抗で答えを考えますが、難しすぎて大盛り上がりでした。

最後は、メンバーさんとスタッフで練習を重ねているバンドの演奏に合わせてみんなで歌いました。「明日があるさ」と「世界にひとつだけの花」、みんなで歌うと楽しいです!

部屋の一角には最近恒例の作品展コーナーを作り、自慢の作品を持ち寄りました。

 

当日の楽しさはもちろんありますが、みんなで楽しむためにはその前の準備が大事です。実行委員を中心に、みんなが楽しめる為に案を何度も練りました。そして、それがきちんと引き継がれるようにと、イベントノートが作られました(今までなかったんです。)

ピアスは、働きたいと思う方が利用するところですが、ピアスが大事にしているのは、働くための「準備をする」ということです。準備をすることで、自信を持って安心して働き続けることができるようになります。それが、利用者さんの幸せ実現につながると考えるからです。

こうしたイベントもその準備の大切さを実感したり、人と協力しながら何かを成し遂げる楽しさを味わったり、人に感謝されたり、感謝したり、そんなことへつながっていくのだと感じています。

今回、私がとっても素敵な提案だなと思ったのは、実行委員の方たちから、当日参加せず厨房やくにたち苑でトレーニングすることになった方に、作ったケーキを持って行って食べてもらおう!というものです。裏でがんばってくれている方たちへも感謝を贈りたいとの願いからです。

ちなみにしのぶさんと荒木さんの対決シーン、しめの挨拶をどちらがやるかを決める勝負。みごと?勝った荒木さんが挨拶権を獲得したわけですが、結局はしのぶさんも私にも挨拶させて!とお話ししてましたけどね。

楽しいだけじゃなく、優しさも満載の忘年会でした。

(ピアス 増田静枝)

私は今回初めて忘年会の運営に参加したのですがそこで感じたのは、メンバーの皆さんの「楽しみたい」「成功させたい」という強い気持ちでした。それがまず現れたのが具体的にどういうゲームや出し物をやるかを決めるミーティングの時です。やりたいゲームなどのアイデアを出し合うのですが、困るくらいどんどん出てきます。削るのも一苦労、こういう時に頼りになったのが以前から忘年会や納涼会の運営に参加した経験のあるメンバーさんでした。実現可能なライン、具体的な時間やスペースの使い方を示してもらい、最終的には新しい世代のメンバーさん主導で現実的なところに落とし込んでいく。結果としてはみんなで冷静によい着地点を見つけられたと思います(吟味の末、残念ながら落選してしまった良いアイデアがいくつもありました)。こうしてピアスの「遊び」のノウハウが次の世代に受け継がれていくのか、と実感した瞬間でした。

私が主に担当したのは音楽演奏(忘年会の中での最後の出し物)でした。 さかのぼると秋ごろから「音楽会」と名付けて、月に1、2度ピアスの2階でスタッフ、メンバーさんを交えながら毎回数曲を取り上げ(スタンドバイミー、井上陽水など)演奏会を続けていました。その成果を発揮する機会がついにやってきたのです。本番直前のタイトな練習にもかかわらず演奏陣の集中力は素晴らしかったと思います。皆口には出しませんが忘年会にかける並々ならぬ思いを感じました。その積み重ねが実を結び当日もかなり良い演奏ができたように思います(演奏したのはウルフルズ「明日があるさ」、スマップ「世界に一つだけの花」の2曲です)。忘年会に参加している皆さん全員に歌ってもらったり、打楽器を鳴らしてもらったり、さらにはフラッシュモブのように踊り出す人まで出現したり、私自身演奏しながらそこに新しいコミュニケーションの形が生まれていくことにワクワクしていました。

ピアスとはメンバーさんにとって、生活のリズムを整えたり、就労のトレーニングをしたり、あるいは就職に必要な知識を学ぶ場であったりすると思います。毎日心にも体にもプレッシャーがかかっている状態が続いているでしょう。それは次のステップに行くにはとても大切な事です。ただこの忘年会のような少し非日常的な「遊び」の場所で一瞬でもプレッシャーを忘れることも大切だと思います。うまくリフレッシュができればまた日常への活動力が生まれてくるのだと思います。こうした「遊び」が次の世代に引き継がれることでピアス自体も活力を持ち続けることができるのはないか、そんなことを思った楽しいイベントでした。

(ピアス中野裕介)

IMG_5667IMG_5677 IMG_5676
IMG_5719 IMG_5731 IMG_5694 IMG_5783 IMG_5784 IMG_5743 IMG_5726

カテゴリから関連する記事をさがす
ピアスピアスⅡ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

【メンバー自主企画】パーティーを楽しみました♪

ピアス 2018/12/28

images (1)「クリスマスパーティーをやろうと思ってるんだけど、一緒にどうですか?よければ何か音楽もやってほしいんだけど。」

「そういう時って、ピアスの場所借りられますか?」

お誘いと相談を受け、一緒に楽しんでほしいという思いで誘ってくれたその気持ちに素直に応えたい…一緒にやりたいな。来る予定の方の中には、ピアスに関わっていらした懐かしい名前もちらほら。そんな方たちにもぜひ会いたい。せっかくならピアスという場所でやって欲しい。そんな思いから私も参加することにしました。

企画は提案を受けて相談しながら(でも基本的にはここだけは守って欲しい事だけを伝えて)決まって行きました。
当日は、私たちスタッフからは3人参加。曲を決めて、やるならちょっと練習を…と早めに集まったのですが、今回の会のテーマは「Stop!(無理をしない)」だから、練習しちゃダメですよ!と笑顔で注意を受け(笑)、でも不安なのでやらせてもらいました。
会が始まると、入れ替わりはありつつ、ピアスの現役の利用者さん、卒業した人、企画者の友人、近所の人、遠くの人…15人ほどの方が参加者していました。趣味で撮った映像を観たり、演奏したり、歌ったり…。みんなで喋って、歌って、食べて飲んで(ソフトドリンクですが)笑いあって、楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。

利用者さんの発信で企画され、声がかかって集まりたいと思った人が集まってできた会。だからこそ、心底楽しめたのだと思います。趣味の話や共通の話題で盛り上がったり、また、久しぶりにあって近況を教えて下さったり、心配事を話してくださったり、いいことも悪いこともざっくばらんに話せていたように思います。ここに来ればホッとできる、ちょっと元気が出る。

ピアスはそんな場所でもあり続けたいと思いました。

ピアス 増田 静枝

カテゴリから関連する記事をさがす
ピアスそのほか
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

トピックス