緊急事態宣言延長に伴う法人の対応について

法人本部 2021/05/12

利用者・メンバーさん・関係者の皆さんへ

既にご承知のことと存じますが、新型コロナウィルス感染拡大防止のための緊急事態宣言の期間延長が決定しています。

これに伴いまして、従前から続く緊急事態宣言への法人及び施設の対応も継続することになります。

ご不便ご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。詳細ご不明の場合は、所属事業所にお気軽にお問い合わせください。

職員一同、今一度対策を確認していきますが、皆様におかれましても健康にはくれぐれもご留意ください。

社会福祉法人 多摩棕櫚亭協会

 

懐かしい職員のご子息の訪問がありました

そのほか 2021/04/20

hujima(掲載が遅くなりましたが)

3度目の緊急事態宣言が出される前ですが、棕櫚亭の創設者である藤間陽子さんの息子さんが遊びに来てくれました。

30才を超えた彼もいろいろ考えることがあって、自分の母親が立ち上げ働いた棕櫚亭の過去の話を聞きたいというオーダーの元、来所してくれました。

藤間陽子さんが、彼を身ごもっているときに棕櫚亭がスタートしていますので、彼の年齢が棕櫚亭の歴史と重なっています。そのように考えると感慨深いものがあります。

2時間という短い時間のでしたが、藤間陽子さんと仕事をさせていただき、たくさん学ばせていただいたこと、影響を受けたことなど思い出し、私自身も初心に帰ることができ、彼以上に感慨深い時間を過ごすことができたのではないかと感じた心地よい時間でした。

そして、努力家で、縁の下の力持ちだった藤間さんのご子息が、社会で活躍してくれるのを祈りながら谷保駅でお別れしました。「今は難しいと思いますが、落ち着いたら遊びに来てくださいね。藤間さん」

事務局 荒木 浩

 

 

カテゴリから関連する記事をさがす
そのほか
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

3月のメニュー表です♪

そのほか 2021/03/12

3月のメニュー表です。

遅くなって申し訳ありません。ご注文お待ちしています。

メニュー表2021_3

カテゴリから関連する記事をさがす
そのほか
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

なびぃ通信10-11月号をお届けします

なびぃ 2020/10/01

なびぃ通信10-11月号をお届けします

2020-10-11-1
2020-10-11-2
2020-10-11-3
2020-10-11-カレンダー

昼食サービスは、10:30までに注文し、12:00~13:00の間におとりください。
フリースペースは、引き続き(火)~(土) 14:00~18:00 となります。

いよいよ本日から東京も「Gotoトラベル」の対象でスタートしましたね。
とはいえ、まだまだ感染者数は少なくありません。
感染防止をしながら、日々、うまく気分転換していきたいですね。

カテゴリから関連する記事をさがす
なびぃそのほか
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

【注意】フィッシングメールが増えています!

法人本部 2020/09/23

多摩棕櫚亭協会 メンバーさん 利用者の皆さん 関係者様

この間、法人あてにフィッシングメール(オンライン詐欺)が増えています。

取引は多くないものの、自粛期間において皆さんもネット購入等の機会が増えていることと察し致します。したがってついつい信頼してしまいがちですが、個人情報を引き抜くフィッシングメールであることが多いです。

特に、「企業側から、銀行情報などをメールで聞き出してくる」ようなものはまず間違いないと考えて下さい。

くれぐれもログインしないなどご注意ください。

三井住友F

 

三井住友カードのフィッシング

 

 

アマゾンf

 

アマゾンのフィッシング(特にアマゾンが増えています)

 

 

 

 

カテゴリから関連する記事をさがす
法人本部そのほか
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

【協力依頼②】コロナウィルス対策について

研修会 2020/03/26

メンバー・利用者の皆さん・関係者の方へ

平素は当法人の活動にご理解、ご協力いただきありがとうございます。

さて、昨夜、コロナウィルスに関して、都知事の会見が報道されました。

長時間にわたる会見の主な要点は、以下の通りです。

会見の要点

・今の状況は『感染爆発の重大局面』

・感染拡大を防ぐには、都民の協力が重要

・都民に対し、今週末は不要不急の外出を自粛するよう強く要請

 

感染拡大を防ぐための具体的な行動

・屋内屋外問わずイベント参加は控える

・週末は急ぎではない外出を控える

・夜間外出は控える

※ 東京都コロナウィルス関連のページ → 新型コロナウィルス感染症に関する情報 東京都

この会見では、合わせて、感染リスクを下げる行動として「3つの密」を避けるよう協力を求めています。

「3つの密」

①換気の悪い密閉空間 ②多数が集まる密集場所 ③身近で発声する密接場面

 

これら、会見を受け、法人内部でも職員とも話し合いを続けていますが、メンバー・利用者の皆さんにも、以下の点について再度協力依頼をおねがいしたします。

多摩棕櫚亭協会からのお願い

① 体調の変化(発熱等)があれば、まずは電話相談してください。

・平日の開所時間中は各事業所へお願いします。

・深夜休日の相談は各事業所で指針をだしますのでそれにしたがって下さい。

② 都知事がいう4月12日を目途に、生活上の買い物を除き、不要不急の外出について控えていただければと考えています。これに関しても必要な相談はお声掛け下さい。

一人で不安を抱え込まないことが大切です。早めにご相談ください。

社会福祉法人 多摩棕櫚亭協会

理事長 小林 由美子

 

【協力依頼】コロナウィルス対策について

法人本部 2020/03/14

メンバー・利用者の皆さん・関係者の方へ

平素は当法人の活動にご理解、ご協力いただきありがとうございます。

さて、この間のコロナウィルス報道などで、不安になっている方も多いのではと憂慮しております。

当法人も厚生労働省等の事務連絡に基づき予防対策をしているところです。

通常プログラムに関しましては、細心の注意を払って実施していますが、イベント等は自粛しているのが現状です。

今後の見通しについても、特にメンバー利用者の皆さんが不便や不安を感じないよう配慮しながら決定をしていくところですが、決定事項についてはホームページ等でも適宜掲載していきますので、チェックのほうお願いいたします。

そして、改めて法人事業所に来所いただく方には以下の点ご協力いただければ幸いです。

① 来所前に検温して、37.5℃を超える場合は電話で相談をしてください。

② 入館時に、アルコール溶剤にての手洗いにご協力ください。

③ 熱がない場合でも、体調等に不安がある場合は相談電話をいただければありがたいです。

4月以降のイベント等の実施に関しましては、早めに実施の可否について発信していく予定ですが、不明な点があれば電話にてご連絡ください。

社会福祉法人 多摩棕櫚亭協会

理事長 小林 由美子

 

 

【再掲】お気をつけ下さい!

そのほか 2020/02/22
多摩棕櫚亭協会 利用者・メンバーの皆さんへ

報道等からは新型コロナウィルスの発生も広く伝わってきます。

特にこの時期、2点ほど取り組んでいただければと思っています。

① 外出からの帰宅時には、必ずうがいや手洗いを行なうこと

② だるいあるいは熱がある場合は、内科などの医療機関に速やかにかかること

どうしても、精神的な不調に目が行きがちですが、体調面での変化にもぜひ気をつけてみてください。

各事業所の開所時間には、職員が相談にのれますので、お困りの際はお電話ください。

 

追記:国立市より以下の注意喚起がなされています。参考までに掲載させていただきます。国立市以外の方は、お住まいの市のホームページで確認してください。

新型コロナウイルスに関連する情報について

人や動物の間で、風邪症状など広く感染症を引き起こすコロナウイルスについて、中華人民共和国湖北省武漢市において、新型のウイルスに関連した肺炎が発生しています。発病すると、発熱、全身倦怠感、咳、息切れ等の症状が出現し、高齢者や基礎疾患のある方は重症化する場合もあると言われています。

対策のポイントは、インフルエンザなどの予防と同様です。

日常生活で気を付けること

対策のポイントは、インフルエンザの場合と同様です

  • 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定し、記録をつけておきましょう。
  • 流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。あわせて手指消毒剤も活用しましよう。
    特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目などに触る前に手洗いを徹底しましょう。
  • 咳をする場合には、口や鼻をティッシュで覆うなどの咳エチケットを守りましょう。
  • 周りの人たちへの感染を予防するため、マスク(不織布を使用した使い捨てタイプのマスク)を着用し、人が多く集まる場所は避けましょう。

相談窓口などの詳細は、市ホームページをご覧ください。

http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kenko/coronavirus/index.html

配信担当課:東京都国立市健康福祉部健康増進課保健センター

社会福祉法人 多摩棕櫚亭協会

理事長 小林 由美子

カテゴリから関連する記事をさがす
そのほか
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

時事伴奏⑧ ~番外編・名古屋 愛知美術館へ~

法人本部 2019/12/27
愛知美術館へ ~小堀令子先生の作品を訪ねて名古屋に発つ~

 社会福祉法人 多摩棕櫚亭協会

ピアスタッフ 櫻井 博

展示期間は2019年12月15日で終了してしまいましたが、棕櫚亭Ⅰの絵画の講師をお願いしている小堀令子先生の絵を鑑賞する為、12月8日に日帰りで愛知県名古屋市まで行ってきました。この企画展は 「地球 爆」 とテーマが名づけられ、その中で小堀先生はとてもエネルギッシュな作品を発表されていました。

10人の画家による「地球・爆」展

「アースアタック」というのが先生のずーっと大事にしてきたテーマで、9月5日から開かれた六本木ストライプハウスギャラリーでも「Black Hole&Earth Attack」とご自身の作品を発表されています。この時は棕櫚亭の方々のライブも催されたようです。(その模様は棕櫚亭ホームページでみることができます。)

名古屋企画展のパンフレットから抜粋した文をご紹介させていただきます。

全長200メートルを超える「反・戦争・絵画」を目撃せよ。

岡本信次郎を中心とした10人の画家による「地球・爆」展が愛知県美術館で開催

本プロジェクトは、2001年のアメリカ・同時多発テロ事件に呼応した岡本と伊坂の呼びかけを発端とするもの。メンバーで「共作」するというアイデアのもと07年から本画の制作を開始し、13年に完成した大1番は同年のあいちトリエンナーレで紹介され

無題た。本店では11組・150点のパネルで構成された。全長200メートルを超える連作の完成版をみることができる。(中略)20世紀の戦争が人類にもたらしたものとは何か。という問いに戦前・戦後の世代が向き合って誕生した「地球・爆」プロジェクト。その約18年を経て完成した「反・戦争・絵画」を体験してほしい。

10人の画家:岡本信治郎、伊坂義夫、市川義一、大坪美穂、小堀令子、清水洋子、白井美穂、松本旻、山口啓介、ワンシュウイエ

小堀先生の願い

絵画から何かを得るのは自由だと思います。今回は学芸員の方の1時間ぐらいの制作秘話も聞かれ、ますます立体的に先生の絵が感じられました。一枚のキャンバスに2~3人で作画をする手法などは他では見られないことです。作品を大きく描くまえに小さなデッサンを用意し、それを大きく描く手法を取り入れて作品にしていった過程を想像すると、いかに作品を仕上げていく過程が大変なのかということが伺えます。

私が小堀先生の絵から感じるのは、とてつもないエネルギーの力と恒久的な反戦、平和への願いです。ここに先生の絵と対峙していると時間の経過も忘れてしまいます。来年どのような作品がみられるか今から楽しみにしています。

最後に ~今年もありがとうございました~

今年も「時事伴奏」を読んでくださった皆さん、本当にありがとうございます。

新しき一年が、皆さんにとって良いよい年となりますように。

特集「書評『精神障害のある人の就労定着支援』」が始まりました

法人本部 2019/12/11

精神障害のある人の就労定着支援 – 当事者の希望からうまれた技法』が本年(2019年)5月に発売となってから、半年以上が過ぎようとしています。

そして季節は初夏から冬へと移りました。
先日この本をもう一度読み返してみました。読後の感じが刷り上がったばかりの興奮気味に読んだ時とは少し違う感じがありました。
もともと読みやすさを心掛けたこの本ですが、今回はさらにその言葉の数々が、樹木が水を吸い上げるようにすっと体に入っていく感じに自分でも驚きました。特に第二章「経験から蓄える」は、天野さんの強烈でもあり悲惨でもあるそれが、私の中にも一つの体験として蓄えられていく、そんな感覚を強く持ちました。不思議です。
中央法規出版 担当編集者の柳川さんが、「この本は爆発的に売れるというより、じっくり長く読み継がれていくものだと思います。」と話されていたのを思い出しました。
「読み継ぐという事はこういう事なのかもしれない……」そんな風にも感じました。

そこで今回、この本がたくさんの人々に読み継がれていく事を願い、こんな〈特集〉を組んでみました。

題して……
“私は『精神障害のある人の就労定着支援 – 当事者の希望からうまれた技法』をこう読んだ”

地域・医療など精神保健の分野で活躍される方々に、この本を読んだ感想や、この本への思いをご自分の体験などと重ねあわせて、大いに語っていただこうと思います。お願いしたのは「ぜひこの方の感想が聞きたい!」と言う方々ばかりです。ぜひご一読ください。

→ “私は『精神障害のある人の就労定着支援 – 当事者の希望からうまれた技法』をこう読んだ”

トピックス