【報告】多摩就労ネットワーク連絡会議のご報告

研修会 2017/09/13

9月6日に毎年HW立川と共催している摩就労ネットワーク会議を行いました。そして今回、近年の多様な対応に先立ち、オープナーでは「発達障害と依存症」というテーマを取り上げました。今回は例年お世話になっている関係機関の他に、普段はなかなか一緒に仕事をする機会がない生活福祉課や大学にも幅広くお声かけさせていただいたところ、反響があり、本来なら定員100名のところ、大幅に上回る116名の方にご参加いただくこととなりました。

KIMG0063

 

1部ではアメリカでのダルク当事者との交流や精神保健福祉センター・保健所などでのアディクションに関する活動を精力的に活動されてきた雷門クリニックの伊波真理雄先生をお招きしました。

KIMG0070KIMG0072「アディクションとは」から始まり、発症の危険因子や回復のプロセス、依存症を理解するコツなど先生の当事者との交流のご経験があったからこその考え方を教えていただきました。その後は、発達障害と依存症との違いや発達障害者が依存症になりやすい傾向がある理由など事例を交えながら、ご説明していただきました。伊波先生の患者への関わり方は治療という堅苦しいかたちではなく、本人に寄り添って話を聞いている、そんな感じがしました。

 

2部では発達障害の傾向があると診断を受けており、ギャンブル依存症をもつオープナー登録者の千濱友之さんに体験談を話していただきました。ギャンブルになぜはまってしまったのか、ギャンブルを止められない日々、訓練施設にいきながらGAに出会い、現在就労を続けている現状までを赤裸々に語ってくださいました。

KIMG0083KIMG0081千濱さんは当時感じていた気持ちも率直に話してくださり、最後には「今でも明日やってしまうのではないかととてもこわい」と2年間ギャンブルをしていないにも関わらず、実はまだギャンブルを抑制できない自分がいて、その葛藤を続けているという弱い部分も伝えてくれました。

発達障害をもつ人がなぜ依存症になりやすいのか。伊波先生は精神科の治療は「人間関係の治療」だとおっしゃいました。発達障害をもつ人はなかなか人と上手くコミュニケーションをとれない方が多くいらっしゃいます。今回学んだことは、依存症の症状を抑えることに焦点を当てるのではなく、本人がどういったことに生きづらさを感じているのかを考え、自分に自信を持てるような生き方を誰かと一緒に重ねていくことが大切なのだと教えていただきました。千濱さんからは「ゆっくり話を聞いてほしい」との支援者へのメッセージがありました。依存症だから発達障害との重複だからと特別なことが必要なのではなく、伊波先から教わった「笑顔とリラックス」をキーワードに本人と向き合うことが大切なのだと思います。業務の忙しさから、わかってはいるけれども忘れかけていた福祉の原点であり、関わり方を思い出させてもらえた研修でした。

 

                      オープナー 本田美咲

【報告】多摩地区公共安定所と障害者就業・生活支援センターとの連絡会議

研修会 2017/08/10

毎年、定例会議として行っている「多摩地区公共安定所6か所と障害者就業・生活支援センター3か所との連絡会議」をH29年度の第1回目として7月27日に行いました。

KIMG0003

今年度はH30年に雇用率が2.2%に上がること、また精神障害者の雇用義務化に向けて大切な節目の年です。そのため、今後に向けてHWとは更なる連携をしていくことは欠かせません。今までの経過報告を行うことで現状を共有し、今後に向けての話し合いをしました。

内容は最初にHWの方にデータをみながら、最新の求人情報や就職者状況などの報告がありました。その報告から障害者雇用が年々増加傾向にあること、そしてその中でも精神障害者の就職が伸びているということが、どのHWからも挙げられていました。やはりH30年に向けて求人数が増えている現状があるということが確認されました。

その後、3センターの報告に移り、各事業所が行っている最近の活動を紹介して事業所の特徴をお伝えしました。またHWでは障害者の就職が伸びているにも関わらず、センターでは新規利用者の減少や困難ケースが増えているという時代に反した実態を伝え、一緒にこの事態を乗り切りたいという思いを伝えさせていただきました。

オープナーの報告は具体的な事例を挙げ、現在行っているアセスメントや面談での関わりから就職支援を行う方、訓練を勧める方の見立て方を紹介しました。その方の就労準備性がどのくらい出来ているのか、障害の自己理解はどのくらいあるのか、生活面・医療面のサポート体制、家族の意向など様々な角度から本人を把握するアセスメントがその後の定着に大きく影響することを伝えました。今回の会議は、現状の共有とお互いの取り組みを知ることに留まってしまいました。それは近年のめまぐるしい時代の変化に翻弄され、対応するのに精いっぱいで、その間お互いの活動や機能の情報交換をする機会が減っていたからかもしれません。「支援機関の役割」や「福祉施設の機能」をHWの方に知っていただき、当事者の「働きたいを働けるに」の支援を一緒にサポートしていただきたいです。

しかし、お互い困っている現状があり、どうにかしていきたいという思いを共有することができました。私は今回、年度が変わり、異動されてきた雇用指導官の方々に初めて直接顔を合わせて挨拶をさせていただきました。今年度ももう半分過ぎてしまいますが、後期には情報交換や事業を一緒に行うなど具体的な連携に努めていこうと思います。そしてH30年に向けて、「多摩地域の飛躍的な新しい取り組み」を形として作りあげられる多摩地区のネットワークを築いていきたいです。

KIMG0005

JSN東京を見学&職員交流してきました。

研修会 2016/10/28

10月25日、渋谷にある就労移行支援事業所JSN東京にて事業説明&職員交流が行なわれました。棕櫚亭の就労支援スタッフ総勢10名で押し掛け(⁉︎)ましたが、快く迎えて下さいました。

NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク(略称Job Support Network=JSN)は、大阪を拠点に主に就労移行支援事業を展開されています。この8月には新たに東京で事業所を開所されました。棕櫚亭は、先のリカバリーフォーラムやSPISの研修でもお世話になっていて、今後の交流を約束していたのでした。

今回は、統括所長の金塚さんから、JSNの就労支援の仕組みとそこで大切にしている思いを聞かせて頂きました。質疑応答では、時間を超過しても終わらず・・・。その後の懇親会でも大いに盛り上がり、次回は棕櫚亭のある谷保にて再会する約束をしたのでした。

JSN東京の皆様、たくさん勉強させて頂きました。ありがとうございました。

IMG_1396

【報告】職場定着システム「SPIS」相談員研修

研修会 2016/10/18

10月1日、JSN東京で開催されたSPISの相談員研修に参加してきました。
SPISは、(有)奥進システムさんによって開発された就労定着支援システムで、当事者スタッフの方がご自身の視点を取り入れながら制作されたものです。
WEB上で日報の入力や、体調やストレスの原因など自分に合わせたチェック項目を設定し、ご自身で変化の様子を点検していきます。SPIS上で、自分の状態を担当者、支援者と共有し、やりとりをしながら安定した就労を目指していきます。
棕櫚亭でも、定着支援に力を注いでいるところであり、このSPISを8月から試行していて、私も自分が担当する利用者さんと一緒に活用しています。
今回の相談員研修は、JSN事務局の保坂さんを中心に進行され、支援機関の方、企業の方など15名ほど参加されていました。今後の予定を確認した後、参加されている方たちの報告をお聞きしました。SPISが、様々な場面で活用されていることや、利用の仕方、目的もいろいろあることを知ることができました。また、実際の利用者さんとのやりとりの様子や、その後の変化など、具体的な報告をお聞きし、日々利用している自分にとって参考になることがたくさんありました。
私も利用をはじめてからのことを報告し、また、やってみて疑問に感じていたことを率直に話させていただきました。ふだん直接お会いして面接していることがほとんどなので、相手の見えないパソコン上でのやりとりでは、言葉の選び方、使い方を迷ったりします。お互いが目で見えることで、補っていることが多くあることを実感していることを話しました。そこでは、実践に沿ったアドバイスや、温かい言葉をいただくことができ、自分も納得できましたし、これから活かしていきたいと思いました。
会議に参加させていただきながら、SPISの可能性の広がりを感じ、こうして私も関わらせていただくことができることがとても楽しみになっています。これからも積極的に学んでいきたいと思います。
(ピアス 増田静枝)
DSCF0868 (800x533)

DSCF0869 (800x533)

カテゴリから関連する記事をさがす
研修会ピアス
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

「発達障害をもつ学生支援」実践報告会開催のお知らせ

研修会 2016/09/07

10代後半から20代前半の若者からの、就労相談の問い合わせがありませんか?
最近、障害をお持ちの大学生が年々増加しており、未診断の学生を合わせるとさらに多くなります。
そのため、大学では障害のある学生に対して独自の支援体制が進み、地域でも先進的な取り組みが始まっています。
そこで、この研修では大学の現状や発達障害等を持つ学生への対応を学び、地域の支援機関と大学の有効な関わりと連携について考えていきたいと思います。

「新たな利用者に対応するために
-増える発達障害を持つ学生の現状と先駆的な取り組みを学ぶ-」
実践報告会開催のお知らせ

詳しくはこちらから »

厚生労働省の職員見学がありました

研修会 2016/09/07

DSC_00878月27日(土)に、厚生労働省から13名の職員の方々がピアスの見学にいらっしゃいました。その日は就職者向けのCES(コミュニケーション)プログラムも実施していたので、昼食を取りながらピアス利用中に得たことや会社での現状を話してくれ、中身の濃い懇談の時間となりました。その後トレーニングの見学、職員との意見交換や交流会を行いました。 午後からの短い時間ではありましたが、トレーニングを実際に見て利用者さんと会話をする中で、ピアスに通うことで身に付いていることを感じることができたとの感想もいただました。また、今回の見学にいらしたのは今年入職された方から3年程度の方々です。熱心に質問もしていただき、これからの厚労省を担っていく方々に現場を見ていただき、ピアスの就労支援の仕組みや理念を伝えることができたのではないかと感じました。

27年度「活動報告会&講演会」を開催

研修会 2016/08/23

平成28年7月23日、平成27年度「多摩棕櫚亭協会の事業活動報告会及び講演会」を行ないました。
当日は利用者・ご家族・行政機関・福祉関係者など70名を越える参加者で、ピアスの2階は熱気でいっぱいにあふれました…

「多摩棕櫚亭協会活動報告会 & 講演会」についての報告とご列席いただいた方へのお礼
詳しくはこちらから »

「多摩就労ネットワーク連絡会議」のお知らせ

研修会 2016/08/19

新たな利用者に対応するために
~増える発達障害を持つ学生の現状と先駆的な取り組みを学ぶ~

●大学では今「一橋大学の実践」:一橋大学 丸田 伯子先生
●就労支援における大学との連携:東京障害者職業センター 井上 量氏
●教育と福祉のネットワーク:大田区障がい者総合サポートセンター 木伏 正有氏・広瀬 健次郎氏

2016年9月29日(木) 14:00~17:00  @ ハローワーク立川会議室

10代後半から20代前半の若者からの就労相談の問い合わせがありませんか?
この研修では、大学の現状や発達障害等を持つ学生への対応を学び、地域の支援機関と大学の有効な関わりと連携について考えていきたいと思います。

ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

詳しくはこちらから »

「沖縄タウンミーティング報告書」を掲載

研修会 2016/07/14

平成28年7月1日(金)から2日(土)にかけて、全国就労移行支援事業所連絡協議会(当法人が副代表をしています)が主催の沖縄県浦添市で行われた、暑く・熱い「第五回 就労移行支援タウンミーティング in OKINAWA」参加してきました。

詳しくはこちらから »

「多摩棕櫚亭協会 報告会&講演会」開催のお知らせ

研修会 2016/06/08

昨年の7月に7年ぶりの活動報告会を開催してから、早いもので一年が経とうとしています。
私達、多摩棕櫚亭協会は、前回の報告会を経て「もう一度地域とつながり直す大切さ」を感じながら一年を過ごしてきました。また一方、現場では就労支援や生活支援を通し、精神障がい者の方々が地域でいきいきと暮らしていくための試行錯誤が続いています。そんな一年の様子を、この報告会で皆さんにお伝え出来ればと思っています。
また第二部では、昨年に引き続き、相変わらず関心の高い発達障害についての講演会を行います。

詳しくはこちらから »

トピックス