アルジャジーラがやってきた!~放映編~

法人本部 2018/11/13

無2題

10月のお知らせで、省庁の障害者水増し雇用問題について、中東カタールに本拠地を持つアルジャジーラが取材に来たことをお伝えしました。
そして、今回はその第二弾。
今月9日にその模様が放映された事をお伝えいたします。

今回、棕櫚亭では水増し問題の取材を受けましたが、取材全体のテーマは「Japan’s disability shame」直訳すれば、「日本の障害は恥」と言う、もっと大きく、もっとショッキングなもの。
取材前には、「日本は、2020年にオリ・パラピックを控えているが、来日していつも思うのは、外で障害者に出会わないと言うこと。海外(とりわけ欧米)では、もっと普通にダウン症の子供等に出会うのに…そんな疑問に端を発したのが今回の企画です。日本人の障害者観が浮き彫りになる様なものになればと思っています。」と、そんな説明を受けました。

取材先は棕櫚亭の他に、旧優生保護法の下、精神病者にさせられ、無理やり精神病院に入院、強制不妊手術を受けた男性の半生や、津久井やまゆり園で起きた障害者殺傷事件の犠牲となり、辛うじて生き残った被害者家族の今。さらにはパラリンピックを目指す青年アスリートなど、30分番組では収まらない内容ばかりものばかりでした。

9日当日、私もインターネットで番組を見ましたが、言い方は不謹慎かもしれませんが、水増し雇用も吹き飛ぶ、それ以前の日本ひいては日本人が、障害者の尊厳をどの様に捉えているのかを大きく問われる様な番組の仕上がりでした。しかし、その延長線上に今回の省庁の水増し問題が繋がっているのだという事も痛感せずにはいられない30分間でした。

最後にこんな事を思い出します。取材時、インタビュアーがこんな事を私に問いました。「日本人は全てに完璧を求めすぎるのでは?」と。それは何かに限定された質問と言うよりは、今回の取材で彼が感じた日本全体への率直な感想だったように私には思えました。
日本が世界に誇る「おもてなし」。しかしこれは、もしかしたら障害者はもちろん、日本人全体にある窮屈さを強要しながら成り立っているのかもしれません。

精神障害者の幸せ実現を掲げながら、その問の答えに窮した私も、その中にどっぷり浸かった一人なのかもしれない・・・・そんな事を、アルジャジーラはやって来て、私に気付かせてくれました。
とにもかくにも、貴重な体験となりました。

理事長 小林由美子

アルジャジーラ*オンライン記事はこちらから

*映像はこちらから(1:40~)

【報告】フリマに出店しました

なびぃ 2018/11/09

おかげさまで1013日(土)の富士見台商店街フリマの出店が無事終了いたしました。

メンバーさんも準備のお手伝いや売り子として活躍してくださり、11時~14時の出店で総売り上げは7,100円となりました!

足をお運びいただいた皆様、お買い上げくださったみなさま、ご協力ありがとうございました。 

売り上げはお知らせしていた通り、全額寄付に充てさせていただきます。寄付先は現在検討中ですが、決まり次第またご報告いたします。

なびぃでは地域貢献の一環としてフリマ参加を続けていきたいと思いますので、今後もご協力よろしくお願いいたします。

カテゴリから関連する記事をさがす
なびぃ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

市民祭に参加しました!

棕櫚亭Ⅰ 2018/11/06

11/4(日)に行われた市民祭に参加させていただきました!

毎年恒例となっている棕櫚亭Ⅰのポップコーン(^^)/
今年もコーンポタージュ味を作りました!

長年に渡り参加させていただいており、毎年地域のみなさんと交流ができるよう色々な工夫を凝らしています。
今年は去年に引き続き、お子さま限定のじゃんけん勝負を行いました(^O^)
買った子には、ミニカップ1つプレゼントという企画!
じゃんけんをしてくれたお子さまも、メンバーさんも楽しんでくださいました(^^)

 
HP用①

 

 

 

 
呼び込みのおかげもあって大盛況!

HP用③

 

 

 

 

作る方も必死でフライパンを振ってくださいました(^O^)

HP用④

 

 

 

 

今年はなびぃのメンバーさんからいただいた手裏剣もおまけに付けさせていただきました!

HP用②

 

 

 

 

 

おかげさまで、お子さまからも大好評(^^)/

およそ300個近くのポップコーンを売ることができました!
お買い求めくださった皆様、ご協力してくださった皆様、ありがとうございました。

カテゴリから関連する記事をさがす
棕櫚亭Ⅰ
タグから関連する記事をさがす

タグはありません。

トピックス