『卒業生インタビュー 2』高橋和宏さん(タクトホーム株式会社)

法人本部 2017/11/29

卒業生インタビュー 2

ピアスのトレーニングを経て就職をされた方は、1997年の開所以来、170名以上にものぼります。(※2015年度時点)
今回は、ピアスを卒業され、現在も継続してお仕事をされている「高橋和宏さん」と、会社の定着支援担当の「高見澤さん」へのインタビューを実施しました。
高橋さんはどのようにピアスを利用され、それが今のお仕事にどう生かされているのでしょうか?

『卒業生インタビュー 02』高橋和宏さん

高橋和宏さん と 高見澤さん

ピアスで何がしたいのか、ビジョンを持って下さい。

高橋和宏さんタクトホーム株式会社
勤務期間: 2年7か月

ピアス入所前の経歴を教えて下さい

高橋さん: 近所の小さなデイケアに8ヶ月ほど通った後、多摩総という都立の大きなデイケアに移り、2年間通いました。そしてその後、ピアスへ来ました。

なぜピアスに入ろうと思ったのですか?

高橋さん: 正直、流れで。自分が何をしたいのかが明確でなく、なんとなく働きたいと思ってオープナーに相談に行ったら、ピアスを紹介されました。

ピアスの印象はどうでしたか?

高橋さん: 元気なところだと思いました。多摩総とあまり変わらない雰囲気でしたが、みんな就労を目指していて、そこに加わるのは自分にとって一歩前進だと思いました。

ピアスで学んだことはどんなことですか?

高橋さん: 仕事のスキルといった表面的なことでなく、もっと根本的な、自分に欠けていた要素に気付かされました。具体的には、誠実に、また積極的に仕事に取り組む心構えができていませんでした。半年、一年といった長い期間、ピアスのプログラムに従事することで、そのような深い反省をすることができました。
また、仕事の報告・連絡をする時に、簡潔に話すことができず、話が長い、という指摘を受け、その当時は不本意に感じたものです。しかし、実際その通りで、本当にいい勉強をさせていただきました。

ピアスで苦労したことはありますか?

高橋さん: ピアスに通うことで何を達成したいのかというビジョンが曖昧なままピアスに通い始めたので、通所開始当初は特に、自分の成長が感じられず、苦しかったです。幸い、1年2ヶ月目に、東京都庁での一週間の職場体験実習に行ったのをきっかけに、将来働くためにピアスのプログラムをもっと頑張りたいと強く思うようになり、それからはピアスで積極的になれました。

現在の仕事のことを教えて下さい。

高橋さん: 現在、タクトホーム株式会社に勤務しています。配属は設計部で、仕事内容は家の安全性の証明書を取得する申請作業に携わっています。具体的には、パソコンで図面をチェックしたり、PDFの書類を揃えて審査機関に送ったり、審査機関の担当者とメールのやり取りをしながらミスを補正したりする作業をしています。

今の仕事を選んだ理由はなんですか?

高橋さん: 完全にめぐりあいです。その頃、就職活動をしていましたが、連戦連敗で行き詰まっており、そんな中オープナーからタクトホームの非公開求人を紹介されました。

働き始めてからピアスに通ってよかったと思うことはありますか?

高橋さん: ピアス時代に、メンバーの一人で尊敬できるお兄さん格の先輩と出会い、親しくしてもらいました。その方と同じレベルで話をしたいと強く思い、自分の病気について頑張って本を読み勉強しました。その時期に得た知識が、働く今の自分を本当に支えてくれています。ピアスだからこその出会いだと思います。「ビジョンを持って」という今回伝えたいテーマとは正反対なことを言うようですが、とにかくピアスに来たから得られた幸運でした。
また、もちろん報告・連絡・相談などの仕事のスキルをピアスで身につけていたことは現在仕事をするのに大変役立っており、ピアスに感謝しています。

ピアス(福祉施設)と職場(一般就労)の違いは何かありますか?

高橋さん: 会社全体として実際にお金を稼がねばならないところが、福祉施設と一般就労の一番大きな違いではないでしょうか。働きながら、責任感を感じます。その責任感に押されて無理しすぎることの無いよう注意しながらも、やはり、責任を果たして自分なりに頑張りたい。そんな環境が、自分にとっては刺激的で、充実感を感じます。

働いていて苦労したことはありますか?

高橋さん: 周りがほぼ全員健常者なので、最初は自分から壁を作ってしまうということがありました。しかし、タクトホームに勤務しているオープナー出身者の方たちとお昼ごはんを一緒に食べるようになって、安心し、会社の皆さんに対しても壁を作るのをだんだんやめることができるようになりました。オープン就労とは、つまりは中途入社の一種だということが実はミソだと思います。入社する時期が一人ひとりバラバラで、同期入社の人がいないので、一人で新しい環境に慣れていかなければなりません。自分の場合も、それが大変でした。

今働く上で努力していることはありますか?

高橋さん: よく寝ることです。本当に、効果てきめんです。よく寝ればいい仕事ができるし、寝不足だと集中力が続きません。

ピアスを利用したい人たちに向けてメッセージがあればお願いします!

高橋さん: ピアスはとても有名だけど、ここに来ればなんとかなるだろうと思って来るだけではもったいないです。ピアスに通うことを通じて自分はどうなりたいか(ビジョン)を、ちょっとでもいいから考えておくことを、お勧めします。そうすれば、最初から積極的にプログラムに取り組め、成長し、自分の夢に大きく近づくことができるでしょう。私自身ができなかったことではありますが、これからピアスに通う皆さんにはそれを期待しております。

『卒業生インタビュー 02』高橋和宏さん

高橋和宏さん

高橋さんは自分の話をいろいろしてくれます。
そういったコミュニケーションがとれることが大切だと思っています。

高見澤さんタクトホーム株式会社

高橋さんの印象を教えてください。

高見澤さん: 真面目です。それも筋金入りの真面目さです。そのため責任感もあります。

現在、会社で行っているサポートを教えてください。

高見澤さん: とくにないです。むしろこちらが相談しています。しいて言えば、仕事量の調整を行っています。

支援者より:
高橋さん、高見澤さん、支援者で共有できるSPISというWebシステムをつかった支援をしていただいています。それに伴い、現在は2ヵ月に1回関係者で企業で集まる場を設けてもらっています。また高橋さんと高見沢さんの間では本人が提出する「月次報告書」へのコメントをもらっています。

高橋さんが入ったことで、部署内で何か変化したことはありますか?

高見澤さん: 障害者雇用に限らず、職員の働き方が多様化しています。育休や体調不良による休職・復職もありますし、体調が思わしくない状態で働いている職員もいます。それぞれに応じた対応ができるようにしようとする意識が出てきたのは高橋さんのおかげかもしれません。

高橋さんが勤務して2年7ヵ月経ちますが、入所当時と比べて変わったと思うことはありますか?

高見澤さん: 入社当時はもう少し自分に対してネガティブなことを言うことが多かったように思います。どもったりなど言われるとこちらは「そぉ?」と気にならないことでしたが、本人にどうそれを伝えればいいのかが難しかったです。今はそういった発言は全くありません。普通に一緒に仕事をやってもらっている関係性になっています。

今、就職を目指している方に対してメッセージをお願いします。

高見澤さん: 高橋さんは自分の話をいろいろしてくれます。自分から発信してくれるので、高橋さんの考えていることがわかり、対策がとれます。どんなことでも発信してもらえると対策がとれますが、発信がないと対処ができないのでそういったコミュニケーションがとれることが大切だと思います。難しいことですが、自分の情報を開示してもらえることが出来るようになるといいと思います。また言葉だけだと忘れてしまうこともあるので、紙に書いておくのもいいですね。

協力: タクトホーム株式会社
インタビュー: 2017年10月

もくじ

 

『往復書簡 1 – 櫻井博 と 荒木浩』 Part ❹ “くくりつけられた心 精神科医との出会いを振り返る -櫻井 博からの手紙”

法人本部 2017/11/29

往復書簡 01 荒木浩と櫻井博 Part4 くくりつけられた心。主治医との出会いがもたらしたもの

くくりつけられた心 精神科医との出会いを振り返る

前略
荒木 浩 さま

お便りありがとうございました。荒木さんが相当自己開示して、自分のことをお話していただいたことに感動しました。この書簡で荒木さんの疑問にどこまで答えられるかわかりませんが、今回は過去の辛い時期のこと、そして主治医との出会いなどを振りかえってみようと思います。
これはじつはかなり辛い作業でもありますが。

往復書簡 01 荒木浩と櫻井博

櫻井 博

妄想の世界。人生の終焉(しゅうえん)。

1975年に公開された「カッコーの巣の上で」というアメリカ映画を高校二年の時、新宿まで観に行きました。この映画は精神病院のことを描いており、その年のアカデミー賞を取った有名な作品です。高校の頃は映画が好きでいろいろ観ましたが、主演のジャック・ニコルソンがこの映画の最後で、電子プラスチックを頭に埋め込まれてロボトミー(※1)にされてしまうシーンが印象に残り、社会のいわゆる道徳、法、慣習などを壊すものは罰せられると強く心に植えつけられたのです。
以降この主人公のことが忘れられず、不調で病院に入院となるたびに、「自分はロボトミーにされるのではないか」という恐怖感で、病院が死の場所だという考えが浮かびました。
被害者意識、被害妄想、誇大妄想が強くなると、自分が見るもの聞くものが関連づけられていて、私はキリストの再来だとか、BMW(ドイツ車)が道に止まったのは、そこからやくざが降りてきてなにかされるのではないかなどという考えが強くなりました。また病院内では密かに殺人も行われているのではないか?とあらぬ考え(間違った認識)から、病院で「人生は終わる」と思いながら、恐怖に怯えながら過ごす日々もありました。いわばそれは自分の頭のなかで生まれた世界です。
もちろん「妄想が現実とは違う」という認識がないわけではないのです。映画の主人公にはならないし、キリストの再来などに違和感があることも知っています。でも入院時(不調な時)はどうしても現実と妄想や違和感を整理できない自分がいるのです。

(※1)かつて「精神外科」という、精神科医が大脳手術で精神病を治療するという医療分野があった。代表的なものが前頭葉切截術(ロボトミー)である。

精神科医との出会い。

それではせめて、その病院の中で頼りにできるはずの精神科医との治療関係の中で納得し信頼関係を築けたか?というと疑問が残ります。受験期の入院は親が同意する医療保護入院であったし、この時の医師は私が医師の質問に答えないのをみて、入院を決めたという感じであります。その質問は「どうですか。気分は?」という感じだったと記憶しています。
大学の時出会った先生が一番長く私をみてくれました。先生のお宅に呼ばれたり、ジッポライターの交換をしたり、人間にとってなにが大切なのかを教えてくれました。ただ趣味の話にとどまらず、「男子たるもの高校時代はギャングエイジ(思春期の特徴で、親や先生に隠れてこっそり、友達皆といたずらをすることなど)といった連帯感の中でアイディンティは確立される」と社会の荒波にもまれることの重要さも話してくれました。一回目の手紙で「頭を使いすぎた」と原因にあげたともに、思春期のアイディンティの確立のないまま過ごした自分にとって、納得のいく理由を示してくれたように思います。しかし、この先生の処方する薬のきれは悪く、幻聴、妄想の症状は一向に良くなりませんでした。この間15年ぐらいにわたり、入退院の繰り返しも10回近くあったかと思います。
他人の考えに流され、自分の考えがないと、この頃いつも思っていました。確かにこの医師は私のとりとめのない妄想話につきあってカウンセリングしてくれました。でも薬のきれが悪いのは、その後新薬をためして、良くなった現実を考えると納得せざるを得ません。

精神科医に、今思うこと。

人間関係を良好に保つことや、病気にあった薬を選ぶことは大切ですが、あまり医師の言う通りに行動することが、現実にそぐわないことは、精神の病気の人は皆体験しているのではないかと思います。
現在の医師はカウンセリングをほとんどしません。でも自分にあった薬をみつけてくれたことには感謝しています。
先生とよく話しあうのは障害年金の更新の時ぐらいになっています。現在精神科医とは程よい距離をとり、うまくつきあっていくことしか考えません。
相談や意見交換が現実に沿わないことを知っているし、症状も改善してきているからです。
でも肝心な時は精神科医の力はすごいことも知っています。外来に通い薬を服用していますが、このつきあいは一生続くのかと思っています。
さて、自身の精神病の原因と考えている「勉強のしすぎ」ということに関しては、またの手紙の中で話を深めさせていただければと考えていますがいかがでしょうか?

草々

櫻井 博

「手紙」を交わすふたり

櫻井 博

1959年生 57歳 / 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 当事者スタッフ(ピアスタッフ)

大学卒業後、職を転々としながら、2006年棕櫚亭とであい、当時作業所であった棕櫚亭Ⅰに利用者として通う。

・2013年   精神保健福祉士資格取得
・2013年5月  週3日の非常勤
・2017年9月  常勤(現在、棕櫚亭グループ、なびぃ & ピアス & 本部兼務)

荒木 浩

1969年生 48歳 / 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 ピアス 副施設長

福岡県北九州市生れ。大学受験で失敗し、失意のうち上京。新聞奨学生をしながら一浪したが、ろくに勉強もせず、かろうじて大学に入学。3年終了時に大学の掲示板に貼っていた棕櫚亭求人に応募、常勤職員として就職。社会はバブルが弾けとんだ直後であったが、当時の棕櫚亭は利用者による二次面接も行なっていたという程、一面のんきな時代ではあった。
以来棕櫚亭一筋で、精神障害者共同作業所 棕櫚亭Ⅰ・Ⅱ、トゥリニテ、精神障害者通所授産施設(現就労移行支援事業)ピアス、地域活動センターなびぃ、法人本部など勤務地を転々と変わり、現在は生活訓練事業で主に働いている。

・2000年   精神保健福祉士資格取得

もくじ

 

Photography: ©宮良当明 / Argyle Design Limited

昼食会でさとのいえに行きました

棕櫚亭Ⅰ 2017/11/27

 

11月24日の金曜日、昼食会で城山さとのいえに行きました♪
さとのいえのスタッフの方の協力もあり今年もたのしい時間を過ごすことができました。

HP用⑦HP用⑨

 

 

 

 

 

 

 

さとのいえさんで出来た野菜を収穫し、棕櫚亭Ⅰでお料理を教えてくださる杉田先生とお料理をするのが毎年の恒例となりつつあります。

今年は大根・ブロッコリー・春菊・白菜・小松菜・さといもを収穫させていただきました!

HP用④HP用⑤

 

 

 

 

 

収穫体験をしたメンバーからは「こんな風に野菜ができているなんて知らなかった!」「たのしい体験ができてよかった!」などの感想が出ました(^O^)

そして収穫組だけでなく、料理組もいます!
採れたての野菜をその場で調理!これもさとのいえさんの魅力です☆

HP用②

HP用⑥

 

 

 

 

 

 

今年のメニューはうどんときしめん。
うどんはみそ味、きしめんはしょうゆ味と、味も食感も2種類たのしむことができました(^^♪

HP用⑧

HP用③

 

 

 

 

 

お部屋の中で食べるのよいですが、青空の下食べるのもまた素敵な経験になりました♪

 

 

 

 

【報告】フリマ・・・今回もたくさん売れました!

なびぃ 2017/11/24

去る11月11日(土)に、むっさ21のフリマに出店いたしました。

商品は、衣類・雑貨・食器・文房具などなど…市内の福祉法人さんや棕櫚亭職員から集めたものや、ほかにも、利用者さんの手作り品(てぬぐい)や、東北震災復興支援チャリティボールペンなどを販売しました。

当日の早朝までは小雨が降る寒いお天気で、出店できるかハラハラしましたが・・・いざ11時になると、すっきりと晴れ上がりたくさんの人出の中フリマが開催されました。私たちの商品も飛ぶように売れて行き、売り子をしてくださったなびぃメンバーさんたちも大忙し!値引き交渉に応じながら、次から次へと売りさばいていき…13時過ぎにはもう目ぼしいものは売れてしまいました。

そんな今回の売り上げは・・・

12,890円 でした!! (H29.11.28 金額を訂正いたしました)

ご協力いただいたみなさま、お買い上げいただいたお客様、そして荷物運びや売り子をしてくださった利用者のみなさま、本当にありがとうございました。売り上げはいつも通り、日本赤十字を通して災害被災地などへ寄付したいと思います。これからもチャリティ活動を定期的に続けていきたいと考えていますので、その時にはまたみなさまのご協力を頂けたらうれしいです。

『往復書簡 1 – 櫻井博 と 荒木浩』 Part ❸ “病気の原因に対するささやかな反論 -荒木 浩からの手紙”

法人本部 2017/11/15

往復書簡 01 荒木浩と櫻井博 Part3 精神病の原因に対するささやかな反論

櫻井さんの主張に対するささやかな反論

櫻井さんへの深い感謝と彼との対峙

前略
櫻井 博 さま

櫻井さんの気持ちを振り絞るように書いてくれた手紙には、心揺り動かされるものがありました。情景や心情が目の前に浮かびます。これほどリアルに、そして誠実に答えてくれたことに感謝します。私自身、支援者としての医療保護入院などに何度も立ち会った経験がありますが、本人はもちろん、取り巻く家族などの複雑に交錯した思いにいつも困惑し、何が正解なのかと悩んでしまいます。

ところで、櫻井さんは今も「人生は終わった」と思っていますか。確かに当時の櫻井さんの入院の辛さはわかりましたが、正直言うと「その程度」に対して忠実に思いを馳せることは、経験を積んだ今をもってしてもかなり厳しいです。しかしこの書簡を通じてそのあたりの繊細な部分に触れさせていただければありがたいと思います。そしてここで筆を終えてしまうことは「健常者職員」のありようを探る始点につながっていかないので、あえてすすめさせて頂きます。
そして、これから櫻井さんが書かれた発症の原因について、少し私見を書きたいと思います。
私はいわゆる団塊ジュニアと呼ばれた世代で、櫻井さんとは10歳ほどの年齢差があります。
従って、これから書くことは時代を考慮しないという前提で櫻井さんにお読みいただければと思います。

往復書簡 01 荒木浩と櫻井博 Part3 精神病の原因に対するささやかな反論

荒木 浩

猛烈な勉強からは、精神病の入り口には立たなかった私

当事者である櫻井さんは「病気の原因」について、頭を酷使した結果であると書かれていますが、私は精神科医ではないのでそこに関しては答えることはできません。
ただ「頭を酷使した⇒(結果)病気になった」という構図には賛成しかねるという意見を持っています。「頭を酷使して」の解釈がもしかしたら違うのかもしれませんが、手紙を読む限りは「勉強して」と同義のような気がしましたのでそこをスタートとしました。勿論、誘因にならないと思っているのではなく、主因にはならないのではないかということです。
まぁ、そう思うのには私事を少し綴らなければいけないのですが、私自身が世代的にもいわゆる偏差値戦争に巻き込まれてきた苦い経験があります。「推薦入学」などもわずかにありましたが、学力一発!が幅をきかせていた時代だと思います。AO入試なんて、子供を持った今でも実はよく理解できていません。
「偏差値」これが私にとっては大きな意味を持つ数字でした。
特に父親の学歴コンプレックスはひどく、週に1時間しかテレビを見せてもらえない。結果、朝教室で友達が無邪気に「昨日のテレビ面白かったよね」などと話す会話に入っていくのが辛かった日々の思い出は、今も強烈にあります。案外とこういう思いは強くながく心に残るものなのです。ただ、立ち振る舞いが上手かったのかちょっと癖のあるこんな私がいじめ等にあわなかったのが、今思えば不思議なことです。特に中学生時代の学習は濃密でした。体育会系の部活動もしていたので、帰って1時間ほど寝て、朝の3時ぐらいまで机に向かう生活をしていました。そうして県内でも有数の進学校に入学しましたが、所詮はお山の大将で、偏差値お化けが沢山いることも思いしらされ、ショックを受けました。努力だけじゃ越えられない何かがあるのだと、子どもながらに思ったものです。
いえ別にここで自慢話をしたいわけではなく、櫻井さんに言いたいのは、単純に「私は精神病院にいかなかった」ということです。

精神病の入り口に立った者、すり抜けた者

それでは、自分が健全な子どもだったかというと、振り返ると後悔で過去を消してしまいたい思いに駆られることも数え切れないほどあります。今考えると「すさんでいたなぁ」と思うことも多々あります。このあたりのことは追々書いていくことになるかもしれません。勿論、個人の精神的負荷というものは主観的なものですから、櫻井さんと私のどちらが、大変な思いを重ねたかは比べることはできません。まぁ客観的には櫻井さんの方が大変な思いをしたのだと思いますが。

「ふりむくな ふりむくな うしろには夢がない」と劇作家の寺山修司はある詩の中でこのように書いています。私はこのフレーズが大好きです。特に若いときには何度もこの言葉に助けられました。確かにそうかもしれませんが、しかしこの年になると「ふりむいて ふりむいて 前に夢をもつ」ことはできないかとも思うのです。ですから何らかの夢をもちながらも、壁一枚のところで違う青春時代を過ごした二人の青年期のことをもうすこし話してみませんか。もちろん私は、一介のしかも優秀とは言い難い精神保健福祉士でしかありません。ですから生物学上のとか、医学上のとか、アカデミックな話をすることはできませんので、櫻井さん個人の視点に立った精神病の実態を軸に「健常」とは何かということについて考えさせていただきたいと言うお願いです。
そこでまず「主治医」や「薬」といった病気や障がいと切り離せない事柄のお話を聞いてみたいと思いました。
いかがでしょうか?

草々

荒木  浩

「手紙」を交わすふたり

櫻井 博

1959年生 57歳 / 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 当事者スタッフ(ピアスタッフ)

大学卒業後、職を転々としながら、2006年棕櫚亭とであい、当時作業所であった棕櫚亭Ⅰに利用者として通う。

・2013年   精神保健福祉士資格取得
・2013年5月  週3日の非常勤
・2017年9月  常勤(現在、棕櫚亭グループ、なびぃ & ピアス & 本部兼務)

荒木 浩

1969年生 48歳 / 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 ピアス 副施設長

福岡県北九州市生れ。大学受験で失敗し、失意のうち上京。新聞奨学生をしながら一浪したが、ろくに勉強もせず、かろうじて大学に入学。3年終了時に大学の掲示板に貼っていた棕櫚亭求人に応募、常勤職員として就職。社会はバブルが弾けとんだ直後であったが、当時の棕櫚亭は利用者による二次面接も行なっていたという程、一面のんきな時代ではあった。
以来棕櫚亭一筋で、精神障害者共同作業所 棕櫚亭Ⅰ・Ⅱ、トゥリニテ、精神障害者通所授産施設(現就労移行支援事業)ピアス、地域活動センターなびぃ、法人本部など勤務地を転々と変わり、現在は生活訓練事業で主に働いている。

・2000年   精神保健福祉士資格取得

もくじ

 

Photography: ©宮良当明 / Argyle Design Limited

ホットドッグ、完売しました!!

ピアス 2017/11/09

11/5(日)は国立の市民祭です。今回はイベントとしてピアスの利用者さん、ピアス・オープナースタッフで参加しました。当日は秋晴れに恵まれ、お祭り日和でした。棕櫚亭として参加したのは、棕櫚亭Ⅰとなびぃのポップコーン屋さんと、私たちピアス・オープナーのホットドッグ屋です。

午前中は、お客様はぼちぼちな感じ。ゆっくり販売できましたが、ちょっと売れ行きを心配もしました。お客様の中には、現役の利用者さん、OB、高齢者配食の利用者さん、スタッフ、元スタッフ、その家族などなど知った顔も多く、久しぶりの方とは再会を喜び合い、話は尽きず、とても賑やかです。

午後からは午前の心配をよそに(値下げの効果もあったのか?)どっとお客様が増え、あっという間に用意した400個、完売しました!

ウインナーとパンを焼く人、ザワークラフトをのせる人、販売する人、お客さんに声を掛ける人、それぞれがだんだん職人になっていきました。初めは笑顔が固かったり、声が小さかったりでしたが、だんだん、みんなの気持ちも盛り上がってきたからか、元気に笑顔で販売できたと思います。一番忙しい時間には、素晴らしい連携ができあがっていました。現役で働いている元ピアスの利用者さんもお手伝いしてくださって大活躍でした。

最後の1個を買って下さった女の子に、思わずみんなで拍手とお礼の大合唱。完売をおおいに喜び合いました。

今回、ピアス・オープナーとしては久しぶりの市民祭参加でした。日頃交流のある天成舎さんや神の国寮さんも出店されていて、買いにきてくださったり、買いにいったり。お店には多くの関係者の方が来てくださいました。私の参加しているワークショップで知り合った地域の方ともばったり会ってお互いの近況を話したりと、たくさんの方と交流できた時間でもあったと思います。棕櫚亭は、たくさんの方々に支えられ、つながっていることを実感できる時間でした。

これからもこのつながりを大切に、そしてもっと広げていきたいと思いました。

ご来店いただいたみなさま、お店を支えてくださったみなさま、ありがとうございました!!

(ピアス 増田)

浅野さん売り子 吉本さんと内藤さん DSC_2067 DSC_2058 DSC_2052 DSC_2051 DSC_2029 DSC_2027 DSC_2026 DSC_2009 DSC_1993 DSC_1981 DSC_1978 DSC_1974

市民祭に参加しました!

棕櫚亭Ⅰ 2017/11/07

 

完売しました!!

11月5日の日曜日に大学通りで行われていた市民祭に参加してきました(^O^)
棕櫚亭Ⅰは毎年同様、ポップコーンを売りました。

10月に入ってからポップコーン作りの練習を始め、当日にはポップコーンを入れる紙コップのデコレーションも終え、、、

HP用⑥

 

 

 

 

 

かわいい紙コップが400個できました(^^♪
当日は天気も良く、上々の滑り出し

HP用⑤HP用①

 

 

 

 

 

午後を過ぎたあたりからお客さんも増え始め、ポップコーン作りも大忙しでした!

HP用④HP用②

 

 

 

 

 

 

毎年の経験と、今月に入ってからの練習のおかげか、いつも以上においしいポップコーンができていた気がします♪

15時の閉店予定時間を前に、用意していた400個のカップは全て売り切れ、無事完売となりました!
お買い求めいただいた皆様、ありがとうございました!!

今年は小学生以下のお客さま向けに 『じゃんけんで勝ったら大盛』 というゲームも行いました。
このような、地域の方々と関わりを持てる機会を今後も大切にしていきたいですね(^.^)

今月はさとの家での昼食会もあります。
寒い日が続きますが、温かいものをたくさん食べて乗り越えましょう!

 

11月の活動予定をお知らせします→11月月間予定表

カテゴリから関連する記事をさがす
棕櫚亭Ⅰ
タグから関連する記事をさがす

「じっくり」という事。~なぜ今、往復書簡なのか?~

法人本部 2017/11/02

「往復書簡の様な事が出来ないだろうか?」こんな事をスタッフの荒木さんに相談したのはまだ暑さが残る頃でした。新体制がスタートして半年が過ぎようとしていた頃の事です。創設世代の熱さはそのまま引き継ぐにしても、「私達なりの外部への発信の仕方はどの様にしていけばいいのか?」そんな事に悩んでいました。併せて、福祉分野に参入してくる民間事業所の広報力に、資本もマンパワーも敵わない中「どの様に対抗していったらいいのだろうか?」という思いもありました。

そんな時に、口について出たのが書き出しの言葉です。今はSNSの時代、スマートフォンが一台あれば世界と繋がる事が出来ます。時間も場所も選ばず、情報伝達も早い、倍々ゲームのように拡散するその広がりが、SNSの魅力なのだと思います。だから、生き馬の目を抜くような現代に、このコミュニケーションツールは爆発的な人気があるのでしょう。

でも、だからあえて「往復書簡」と考えました。「手紙」は一人の人が、ある特定の人に向けて、自分の思いを綴ったもの。そこからは、その人の心の形が見えてきます。SNSの様は速さや、一気に拡散する広がりはありませんが、そこには「じっくり感」があります。常に宿題を抱え、それに答えを迫られる日常の繰り返しは、人の心を手に取って味わう事を後回しにします。

先日、障害者雇用企業支援協会(SASEC)を訪ねました。混迷を極める障害者雇用の現状を、どう読み解けばいいのか?ヒントが欲しくて数々の質問をする私に、諭すように畠山理事がおっしゃった言葉が印象的でした。「障害者雇用は雇用促進を急ぎすぎるばかり、支援者、企業、そして、当事者自身もじっくり育て、育つ事をやめてしまったんでしょうね・・・・」

もしかしたら、今起こっている企業の不祥事などの社会問題は、世の中が「じっくり」をやめてしまった事と関係があるのかもしれません。ただ、この激流のような社会の流れを戻すことは出来ないでしょう。ですから、この流れに乗りつつも、ホームページの中だけでも、一つのテーマに時間をかけて考えていきたいと思いました。

  それを担うのは、櫻井さんと荒木さん、これまた二人がじっくりと練った企画です。両氏なら役者に不足はありません。据えたテーマも、なかなか本質的もので答えが出るのか?とも思いますが、私も二人の手紙を読みながら、時間をかけて一緒に考えていきたいと思います。

(理事長 小林 由美子)

特集/連載 『往復書簡』
www.shuro.jp/tag/friendship-letters 👉

『往復書簡 1 – 櫻井博 と 荒木浩』 Part ❷ “発症時の記憶と病気の原因 -櫻井 博からの手紙”

法人本部 2017/11/01

往復書簡 01 荒木浩と櫻井博 Part1 発症時の記憶と病気の原因

発症時の記憶と病気の原因

発症~ 猛烈に打ち込んだ受験勉強から統合失調症の入り口へ

前略
荒木 浩 さま

「ある日目覚めてみると虫になっていた。」カフカ作の『変身』を思い起こした。
その当時を思い起こすとその小説と同じ感覚にとらわれる。結果的には猛烈に受験勉強したあげく試験当日に襲われた病である。一年間生活全体をひたすら勉強に費やし多くの受験に必要な知識を記憶した結果なったのではないか、と今は想像することができるが、当日の朝は不思議な感覚であった。朝5時ぐらいに目覚め、鳥が〈ピーチク〉鳴いていることが、自分になにか語りかけているような気がした。自分を取り巻く世界が変わった、不思議な感覚であった。
今なら清々しい朝といえるが、その朝は全世界が自分に注目している錯覚が起きた。その感覚(妄想)にとらわれ、受験の朝にもかかわらず、起きあがることができなかった。まさに虫になっていた。

たまたまスイッチをいれたラジオ放送で毒蝮三太夫が話す内容が自分の母の事を言われている感じがした。結局その年は願書をだしているにもかかわらず、一校も受験できなかった。

往復書簡 01 荒木浩と櫻井博 Part1 発症時の記憶と病気の原因

櫻井 博

40年前の日本の精神医療の状況。

その当時つまり、昭和53年の精神医療はどうだったか。
昭和58年には宇都宮事件が起きている。栃木県宇都宮病院で看護師の暴力により患者2名が亡くなった事件である。世界では昭和53年イタリアでバザーリア法(精神病院廃絶法)ができている。イタリアではかなり精神病院を取り巻く状況はすすんでいた。日本では精神病院の理解は遅れていた。その遅れから病院は透明性を欠き、私には実態はわからなかった。

人生の終わり~ 精神病院の鉄扉の向こうへ。

私は最初これが病気だとはわからなかった。両親もそうだと思う。深い森のような病院にタクシーで着いた時、本当にここで自分の人生は終わると確信していたのをいまでも記憶している(病院は病気をなおすことと考えれば笑ってしまうことだが)。その時の病院の鉄扉を開けて中で展開される世界はいまだに脳裏に焼き付いている。恐怖だけである。扉の向こうに入ったとき、皆の好奇の視線を感じながら振り向くと鍵をかけられた。その当時は精神病に関する情報量が圧倒的に少ないため、原因もわからないし、病気自体も知られていなかった。
入院した病院の閉塞感から自分の精神は壊れ始めた。私は精神科医ではないのでうかがいしれないが、自分では病気になる前の一年間は「無理して生活していたのだな」と、今は思う。生活を一変させた受験浪人した一年の生活である。この一年、頭を酷使しすぎた結果病になったのではないかと思うが、もしかしたら他の要因がもともとあったのかもしれない。精神病院と出会ったこの経験が後の、家族への接し方や生き方にすくなからず影響を与えた。

荒木さんは精神の病をどう捉え、入院している方の気持ちをどこまで想像できるでしょうか?
本人の了解を得ない入院がますます病気を悪くする、そんな思いがわき起こる。
閉鎖された空間で精神的に追い込まれたとき、なおかつその状況が孤立したものである場合、おおかたその波にのみこまれ、出口はわからなくなってしまう。退院できることは回復とはいえないことが、この病気の難しいことである。退院後の生活は地域にひきつがれることになると思うが、「入院という手段が本当に適切なのか」いまだに疑問に思うことがある。
入院を否定しているわけではないし、急性期にある時、入院せざるを得ない状況も理解できる。でも、でもだ。入院は個人に多大なストレスな状態を与える。あの時もし他の人に話しができれば、あるいは入院に到らなかったかも……

それは40年前ここで人生が終わると思った鉄扉の向こうに行ってしまった者の思いである。

草々

櫻井 博

「手紙」を交わすふたり

櫻井 博

1959年生 57歳 / 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 当事者スタッフ(ピアスタッフ)

大学卒業後、職を転々としながら、2006年棕櫚亭とであい、当時作業所であった棕櫚亭Ⅰに利用者として通う。

・2013年   精神保健福祉士資格取得
・2013年5月  週3日の非常勤
・2017年9月  常勤(現在、棕櫚亭グループ、なびぃ & ピアス & 本部兼務)

荒木 浩

1969年生 48歳 / 社会福祉法人多摩棕櫚亭協会 ピアス 副施設長

福岡県北九州市生れ。大学受験で失敗し、失意のうち上京。新聞奨学生をしながら一浪したが、ろくに勉強もせず、かろうじて大学に入学。3年終了時に大学の掲示板に貼っていた棕櫚亭求人に応募、常勤職員として就職。社会はバブルが弾けとんだ直後であったが、当時の棕櫚亭は利用者による二次面接も行なっていたという程、一面のんきな時代ではあった。
以来棕櫚亭一筋で、精神障害者共同作業所 棕櫚亭Ⅰ・Ⅱ、トゥリニテ、精神障害者通所授産施設(現就労移行支援事業)ピアス、地域活動センターなびぃ、法人本部など勤務地を転々と変わり、現在は生活訓練事業で主に働いている。

・2000年   精神保健福祉士資格取得

もくじ

 

Photography: ©宮良当明 / Argyle Design Limited

トピックス